水谷豊主演の時代劇シリーズ第3弾「無用庵隠居修行3」(夜7:00-8:54、BS朝日)が、7月13日(金)に放送される。

【写真を見る】半兵衛(水谷豊)と、彼に引かれているお転婆な奈津(檀れい)との関係に進展はあるのか

直木賞作家・海老沢泰久原作の短編時代小説「無用庵隠居修行」を、時代劇「だましゑ歌麿」(2009年ほか、テレビ朝日系)シリーズ水谷豊×吉川一義監督のコンビ2017年に初めてドラマ化。

水谷×岸部一徳×檀れいの軽妙なやりとりも好評を博し、2018年9月の第2弾に続いて、第3弾の放送が決定。今回は4Kで制作され、BS朝日4Kでも放送される。

水谷演じる主人公・日向半兵衛は直参旗本の大番士だったが、出世のことしか考えない同僚に嫌気が差し「無用庵」でのんびりと隠居暮らしを始めた。

そんな半兵衛に引かれているおてんばな奈津(檀れい)との縁談を進めようとする側用人の勝谷彦之助(岸部一徳)。半兵衛も奈津についてはまんざらでもないが、欲を捨て去り隠居をした身で、今さら妻をめとる気などないと言い放つ。

そんな個性的な3人を軸に描かれるドラマの第3弾では、勝谷に恋のうわさが持ち上がることに? 勝谷が美女(手塚理美)と歩く姿が目撃されるが、そこから江戸幕府に潜む“闇”へと物語はつながっていく。

レギュラーメンバーの3人の他、半兵衛の悪行退治に力を貸す元御庭番衆に田山涼成、半兵衛が奈津以外に気になっている女将に中山忍、半兵衛の養子に田中偉登、半兵衛の理解者でもある火付盗賊改に榎木孝明、半兵衛を評価する老中・松平定信に杉本哲太らといった布陣がそろう。

さらに、勝谷の“古い知り合い”でいわくありげな女性を手塚理美、姿を消したその夫に鶴見辰吾、定信の下の勘定奉行に高嶋政伸。語りは夏木マリが務める。

勝谷の思わぬ恋のうわさから幕府の巨悪との対決を迫られる半兵衛。果たして、どんな結末が待っているのか。

あらすじ

半兵衛(水谷豊)は、後継の新太郎(田中偉登)から、側用人の勝谷(岸部一徳)の様子がおかしいと相談を受ける。いい女でもできたのかとにやつく半兵衛だが、奈津(檀れい)に自分はどうなのかと言われるとごまかすしかない。

藤兵衛(田山涼成)とともに尾行すると、勝谷は美しい女性とろうそく屋へ行ったり、旅籠へ入ったりしていた。そして、相手の女性は志乃(手塚理美)という二本松藩士の奥方であることが分かる。

そんな中、半兵衛らの目の前で勝谷と志乃が暴漢に襲われ、志乃が斬られる事件が発生。

志乃の傷を久庵(佐藤B作)に治療してもらい、勝谷に事情を聞くと、志乃は江戸で行方知れずとなった夫で二本松藩藩士、勘定方の伴助(鶴見辰吾)を探しに来たのだという。勝谷は旧知の仲の志乃を助けていたらしい。

勝谷らは、伴助が訪ねたというろうそく問屋・坂本屋に行ったが、主人・喜三郎(石井愃一)は伴助が吉原でお気に入りの女を身請けするらしいと聞いたと証言。そこで吉原の店を調べたが、伴助を知る者はいなかった。

それだけで勝谷と志乃は命を狙われたのか。きな臭さを感じた半兵衛が勝谷らに代わって調べを始めると、怪しげな事実が明らかになっていき…。(ザテレビジョン

水谷豊×岸部一徳×檀れいの軽妙なやり取りが人気の時代劇シリーズ「無用庵隠居修行」第3弾の放送が決定