「新しいカルチャーはいつも、ストリートから生まれる」。

【【写真】DTMにも挑戦中のセクシー女優 高橋しょう子「バンドはクビでも音楽は好き」の画像・動画をすべて見る】

本連載は、ストリートから浮かび上がるポップ・カルチャーにスポットを当て、いつもとは別の顔をした、さまざまな女性たちの新しい一面を発見していく。連載第5回は、音楽好きでギタリストという肩書も持つ、この女性。



人気グラビアアイドルとして華々しい活躍をしたのち、MOODYZに所属すると、一躍トップセクシー女優になった高橋しょう子さん。



かつてはギタリストとして、ライブステージに立っていた経験を持つ高橋は、ギターの腕もさることながら音楽への造詣も深く、バンドEDMメタルクラブミュージックなどを好む。

今年からDJに挑戦し、いつかは海外でのプレイを目指すと宣言した彼女は、いったいどのような音楽を作っていくのだろうか。そしてどんな存在を目指すのか。

取材・文:岡本尚之 写真:持田薫 衣装提供:BLACK BRAIN Clothing  取材協力:LOFT9



高橋しょう子さんの写真をもっと見る
音楽好きな高橋しょう子、ストリートが様になってる














音楽を始めた理由は「モテたかった」から



──高橋さんは音楽に打ち込んでいるイメージが強いのですが、そもそもギタリストですよね。どういったきっかけではじめられたんでしょうか?

高橋 端的に言うと、モテたかったからです(笑)ギターボーカルボーカルをやりたくて、10代のころにHIGH and MIGHTY COLORのコピバンをやっていました。歌が下手すぎてボーカルをクビになったのですが……。

──ボーカルをやりたかったということは、歌に自信はあったんですか?

高橋 私はうまいと思っていましたよ(笑)。でもある日、「次のライブどうする?」という話をメンバーとしていたら、「次から女性ボーカルはいらない」と言われてリストラされるという……(笑)



──いきなりクビになるのはつらいですね……。唐突ですが、Arch Enemyアーチ・エネミー)とか好きそうですよね。

高橋 この間観ました! 青春時代Arch EnemyとBullet for My Valentine(ブレットフォー・マイ・ヴァレンタイン)が好きでずっと聴いていたんですよ。バンドをクビになった後、ライブハウスに行ったらかっこいいメタルバンドが出ていて、すごい音楽があるんだと衝撃を受けました。

「人間ってこんな声を出せるんだ」と思って好きになったんですよ。すぐにCDショップに行ってたくさん買って聴いていました……けど、女の子はこういうのを聴いちゃダメなのかと思っていたので心に秘めていました。公にメタルが好きだと言ってしまうとモテなくなってしまうんですね。

その時にArch Enemyーが颯爽と現れてくれたから、正直に言えるようになったんですよ。救世主ですね。最近はメタルに共感してくれる人も増えて、女の子ファンも結構いることに気付いたので、良かったなあと。
DJトラックメイキングにも挑戦中!
──家にいる時は何を?

高橋 音楽を聴いていますね。最近は渋谷のVISIONや銀座のRAPIS TOKYOなど、クラブにもよく行くんですが、「いつかDJをやってみたいな」と常々思っていて。それで、ちょうど昨日スタジオを借りて練習を始めたんですよ!(笑)

──タイムリーですね(笑)。いつごろからクラブに通い始めたんですか?

高橋 ここ2年くらいですかね。頻度としては、月一どころではないくらいによく行っているのですが、悲しいことになかなか気付かれない……(笑)

音楽ではバンドサウンドが好きなんですけど、クラブミュージックを取り入れた楽曲も最近多いじゃないですか? それでEDMとかも好きになって、DJを聴きに行ったり、EDMを聴きに行ったりしています。

最近はトラックメイキングもしていて、パリピな曲をつくったりもしているんですよ(笑)。今日も帰ったら練習します。年内にSoundCloudにあげたいなあ。

──どんなDJを目指していますか?



高橋 ハードスタイル系が好きなので、FUJI ROCKやULTRA JAPANで来日した人たちに憧れているんですね。アフロジャックとか有名なDJは憧れです。
音楽を通してファッションにハマる
──音楽を聴いている時以外は何をされていますか?



普段は外に出るのが好きなので、お買い物もよくします。ストリートファッションが好きなので、靴や洋服を購入するために裏原にも行くんですよ! ブランドだと、HUFとか好き。台湾のストリートファッションもすごく好きで、marc wayというかっこいいブランドがお気に入りです。台湾に行ったときは、ついたくさん買ってしまいます。

──なぜストリートファッションにハマったのでしょう?

高橋 それもきっかけは音楽ですね。こぎれいな格好でライブを観に行くと、やっぱり少し(雰囲気が)違うじゃないですか。音楽シーンファッションはつながりが強いと思うので、そこから入りました。

音楽にハマる前はかわいいワンピースが好きで、今も着るのでクローゼットの半分は女の子の服で、もう半分はメンズ服が入っているから、気分によって使い分けている感じです。



──最後に、音楽活動での夢はありますか?

高橋 最終目的地は(新木場の)ageHaですね。海外でもやりたいです。海外では、台湾のクラブで刺激をもらいました。クラブは国内外問わず、同じように盛り上がっているのでどこに行っても楽しいんですよ。世界共通なんだと思って、すごくびっくりしました。どこに行ってもテンションがあがる場所。

音楽はずっと好きですし、これから上達するであろうDJでは(笑)とにかくageHaを目指して頑張ります!



高橋しょう子さん出演作品をチェックする(FANZA)
高橋しょう子さんの写真をもっと見る



https://kai-you.net/article/63231
https://kai-you.net/article/63515
http://kai-you.net/article/63557
https://kai-you.net/article/64145
【写真】DTMにも挑戦中のセクシー女優 高橋しょう子「バンドはクビでも音楽は好き」