パッキャオの前座で登場するパヤノ「これは特別な名誉なんだ」

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者で同級1位のルイス・ネリメキシコ)が7月20日に同4位のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)とラスベガスで対戦することが決まった。昨年10月ワールドボクシングスーパーシリーズWBSS)で井上に70秒KO負けを喫したパヤノは「不運なことだが、ネリは私には勝てない」と自信をのぞかせている。元WBC同級世界王者・山中慎介との2試合でドーピングと体重超過のスキャンダルを起こした問題児を叩きのめすつもりだ。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

 WBSS初戦でモンスター相手に70秒で敗れたパヤノ。3月9日に米国でスーパーバンタム級の名王者イスラエルバスケス(メキシコ)の弟で14戦全勝だったダミアンバスケス(米国)との再起戦で判定勝利を飾っていた。

 そして、6階級制覇王者マニー・パッキャオフィリピン)がキース・サーマン(米国)を挑戦者に迎えるWBA世界ウェルター級タイトルマッチの前座でネリと戦うことが決定。米放送局「FOXスポーツ」のペイ・パー・ビュー(PPV)で全米生中継となる一戦に、かつてのWBAバンタム級世界スーパー王者は栄誉を感じているようだ。

マニー・パッキャオは私がプロになってからずっと、お気に入りのファイターだ。そしてこのPPVで戦えることにもすごくワクワクしている。私はベイビーパッキャオニックネームを名乗ったこともあるんだよ。だから、これは特別な名誉なんだ」

 尊敬するフィリピンの英雄のアンダーカードでネリと激突することに、殊勝なコメントを出している。

「ネリは力強いファイターだが、私相手には勝利は叶わないだろう」

 だが、対峙するボクシング界の問題児に対しては牙を剥いた。「ルイス・ネリと戦うことは私にとって最高の機会となる。ルイスはとてもハングリーで、王座を取り戻そうとする力強いファイターだ。不運なことに、私相手には勝利は叶わないだろう。彼は戦闘モードで準備万端だろうが、私もそうだ」とパヤノは語ったという。

 一方、ネリは「フアンカルロス・パヤノとの一戦は自分にとって、WBC王座に挑戦し、ベルトを奪い返すための最終段階だ」と語り、王座返り咲きへの意欲を示していた。

 バスケス戦後に「私は誰かの踏み台じゃない」と怒りを爆発させていたパヤノ。かつての王者の威信にかけて、ネリ撃破へ気概を示していた。(THE ANSWER編集部)

フアン・カルロス・パヤノ【写真:Getty Images】