6月はジューンブライドという言葉もあるように、結婚式シーズンです。友達の結婚式、二次会に招待されるのは嬉しいですよね。とくに独身女子のなかには、結婚式や二次会で「もしいい出会いがあれば……」と目論む人もしばしば。ただ、ガツガツした態度を取ってしまうと男性からガッカリされてしまう原因にもなりかねません。

結婚式や二次会でいい出会いを見つけたいのであれば、男性にガッカリされない立ち振る舞いを知っておく必要があります。そこで今回の記事では、男性にガッカリされがちな結婚式や二次会の立ち振る舞いについて紹介します。正しい立ち振る舞いを知って、初対面の男性にガッカリされないように気を付けましょう。

(1)ブーケトスに必死

結婚式では、花嫁のブーケトスゲットすると幸せになれるというジンクスがあります。しかし、独身女子のなかには、ブーケトスの時に最前列を陣取るなど必死になりすぎてしまうなんて女性も……。さらに、大声で「こっち投げてー!」と大声でアピールするなど品の無い行動を取ってしまう女性も少なくないようです。

男性はこのような女性に対してガツガツした印象を感じ、引いてしまいがち。男性に悪い印象を与えないためにも、ブーケトスの時は少し控えめに後ろの方で待つようにしましょう。前に行く時は、周囲の人から「もっと前に行ったら?」と声をかけてもらってはじめて向かうようにするのが得策です。その時も、「すみません……」と小声で恥ずかしそうに振る舞うのを忘れずに!

(2)TPOをわきまえない服装

結婚式は、あくまで花嫁が主役です。それにも関わらず、友人の結婚式で背中や胸元が開いている、または奇抜なカラーの服装を着てくる女性は少なくありません。

結婚式では一般的に「白」意外の服ならOKと言われていますが、それでも目立ちすぎる服を着てしまうと主役が引き立たないため、TPOをわきまえない人と思われてしまうなんてことも……。結婚式に着ていくドレスを選ぶ時は、紺、深緑、グレー、黒のシンプルデザインのものを選べば無難です。

また、結婚式に黒のストッキングを履いてくる女性がいますが、一般的に結婚式は肌色ストッキングが良いとされています。常識ある女性と感じてもらうためにも、友達の結婚式TPOをわきまえた服装でのぞみましょう。

(3)ビンゴゲームで大声を出す

二次会は、まさに独身男女の出会いの場にもってこいの場所です。そのため、独身女子はくれぐれも気を緩めてはいけません。

とくに二次会で盛り上がると言われるのが、豪華な景品をかけて参加者が楽しむビンゴゲーム大会。ただ、ビンゴゲームは豪華景品をかけるだけあって、つい必死になって我を忘れてしまう人もしばしば。とくに1位、2位にはアミューズメントパークのチケット、高級家電など当たると嬉しい商品も多く、無我夢中になってしまう人も少なくありません。

もちろん、二次会幹事や新郎新婦にとっても、参加者の方にビンゴゲームを心の底から楽しんでもらえるのはこの上ない喜びです。ただ、大声で「やったー!」と喜ぶ、または「くっそー!」と悔しがる行為は、その場にいる男性にドン引きされてしまう原因にもなりかねません。

男性に好印象を持ってもらうためにも、喜ぶ時には小さく手をたたきながら「わぁい」と可愛らしく喜ぶなど、どんな時も女性らしさを忘れないようにしましょう。

(4)ビュッフェ形式の食事をとり過ぎる

一般的に、二次会の食事は自由に参加者同士が話し合えるビュッフェ形式が多いです。ビュッフェ形式だと、好きなだけ料理をお皿に盛りつけられることから、つい好きなだけ取りたくなってしまうもの。しかし、あまり欲張りすぎると食いしん坊と思われる、または遠慮がないなど決していい印象を与えないため、くれぐれも料理の取り過ぎには注意しましょう。

さらに、二次会がスタートするとケーキカットゲーム、写真撮影などで食べる時間がほとんどありません。男性のなかには食べ残しを嫌がる人も少なくないため、料理を取る時は決して欲張りすぎてはいけません。あくまで、自分が食べられるだけお皿に取るようにしましょう。

お皿の上はてんこ盛り……なんて女性には、男性は声をかけづらいものです。

結婚式は、あくまで主役である新郎新婦をお祝いするために行う儀式です。しかし、早く結婚したいと願う独身女子ほど、いい男がいないか会場内を血眼になって物色、または自分が幸せになるためにとブーケトスに必死になってしまいがち。

ただ、このような行動は男性にいい印象を与えないため、くれぐれも独身女子は人前で行なわないように注意しましょう。そもそも男性とは、女性を追いかけたい本能を持っています。自分と同じようなハンター気質のガツガツした肉食女子だと相反するため、カップルになりづらい傾向があります。

素敵な男性をゲットしたいのであれば、まずは自分の幸せよりも友人の幸せを心から祈ることに徹しましょう。人の幸せを心の底から喜ぶ女性には、穏やかなオーラがあります。素敵なオーラに包まれた女性は、男性の追いかけたい本能にもきっと火がつくこと間違いありません。

関連画像