滝沢カレンが自称“段々ヘア”を初披露

モデルタレントの滝沢カレン6月6日Instagramを更新し、髪をカットしてイメージチェンジした姿を披露。清新な美貌と個性的な文章が、ネット上で大評判を呼んでいる。

みなさん、こんばんは🌇 長年連れ添った毛束とさよならする時間がこの前、ありました✨ 数年間わたしの頭皮からぶらさがっていた髪々はあっけなく、どごでもするどいハサミで私の顔横から離れていきました。😌 ファサファサと床に落ちていく髪の毛はやる気を無くして、そのままヘロヘロな姿になりながらチリトリでチリ扱いまでされるなんて、昨日までは考えてもなかった状況だったと思います😅気の毒です。 つい昨日までは豊かにシャンプーやコンディショナーでスパ気取りを味わっていた髪の毛も一瞬にして約172cmの高さで景色を見ていたのに、フッと切られ落下され気付いたらチリの中へ😔🙏🏼(私が172cmだから) 髪々が現実の世界を嫌いにならないことを願います❤️😌 明るく話すのなら、私はやっと髪型変えました❣️ パッツンボブでツッパシってきた数年間に強く蓋をして、段々畑を匂わせる段々ヘアにしました💖 前髪とまでは言えない髪の長さがいたりいろんな高さの髪の毛たちと毎日楽しんでいます✨✨✨ 色も変えますのでお楽しみに...🥰 さよなら✨ #新しい髪型と出会う #新しい出会いはどんな形であれ #ワクワクするに決まっている #風と踊り出す髪々がまた楽しそうで #私も一緒に踊らせてと言いたくなる #足取りも軽く髪も軽く #夏らしい扉が開けた #指を髪に通すたびに感じる音符を #今日も口ずさむんだ

<耳マンのそのほかの記事>

滝沢は「長年連れ添った毛束とさよならする時間がこの前、ありました」と、のっけから独特の言い回しで髪型を変えたことを報告。さらに「ファサファサと床に落ちていく髪の毛やる気を無くして、そのままヘロヘロな姿になりながらチリトリでチリ扱い」「つい昨日までは豊かにシャンプーやコンディショナーでスパ気取りを味わっていた髪の毛」と切られた髪に感情移入するかのような情景描写を挿入し、「髪々が現実の世界を嫌いにならないことを願います」と卓越した想像力を見せつけた。こんなの完全に文学じゃん……!

ここからの緩急もまた見事。あっけらかんと「明るく話すのなら、私はやっと髪型変えました! パッツンボブでツッパシってきた数年間に強く蓋をして、段々畑を匂わせる段々ヘアにしました」と綴り、3枚の写真を投稿。さまざまな長さの毛髪が入り乱れたオシャレレイヤーボブ、本人いわく“段々ヘア”を披露している。ハッシュタグでは「#指を髪に通すたびに感じる音符を」「#今日も口ずさむんだ」と最高に詩的な表現を解禁しており、新しい髪型がさぞかしお気に召しているのでしょうっ!

「面白すぎる」「勉強になります」と文章でファンを虜に

独自の視点と唯一無二の言語センスが生み出す“滝沢文学”の虜になったファンからは、「カレンさんの表現すごーい!」「段々畑に笑ってしまいました」「カレンちゃんの日本語とても癒やされる~」「日本語センスと感性がおもしろい」「髪の毛の目線になっているカレンちゃんは、すごい!!!!」「面白すぎる」「読んでいて癒されました」「斬り捨て御免の髪の毛をそこまで想うなんて、勉強になります」といったコメントが続出。また新しいヘアスタイルも、「動きがある髪型で最高です」「見惚れちゃう!」「髪型とーっても似合ってます」「髪型カッコイイよ!」「素敵です!!髪たち今までお疲れ様でした」「長い髪も良いけどショートはさらに好き!」と大好評を博していた。

すっかりおなじみとなった超個性的な文章とクールな美貌のギャップで、老若男女を問わず多くのファンの心をつかんでいる滝沢。6月6日に放送された『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』で見せたまっすぐな人柄に、あらためて好感を抱いた人も多いだろう。これからもその稀有なキャラクターで、日本中に笑いと癒しを提供してくれるに違いない。

“髪々”に感情移入する滝沢カレン、「長年連れ添った毛束とさよなら」とヘアチェンジを報告