海外旅行の際の悩み事。それは「オンライン環境探し」ではないだろうか。日本から持ってきたスマホでそのまま4G回線を使えば、それ相応の料金が発生してしまう。

一番確実なのは、渡航先の国でSIMカードまたはWi-Fiルーターを購入すること。だが最近ではテロ対策で、国によってはSIMカードを買うにも厳しい身分審査を要求されることもある。また、複数の国へ渡航する場合は無用の長物になってしまう。

そこで「KiMiFi」という製品が価値を発揮する。SIMカードの交換がいらない携帯用Wi-Fiスポットだ。

・日本でも利用可能

世界130ヶ国以上で4G回線が利用できるKiMiFi。これはいわゆるクラウドSIMを使っている。

SIMが物理カードではなく、国を跨いだ場合も交換の必要がない。現地の対応キャリアを選んで接続すればいい。

その対応キャリアであるが、たとえば日本の場合はドコモ、au、Softbankの三大通信会社がカバーしている。他国でも大手キャリアとの接続が可能だ。

連続稼働時間は14時間以上。カスタマーサービスには24時間365日接続できる。

月額料金は不要。現地通信会社の提示する料金をその都度払えばいいそうだ。

・国境を越えたローミング

このKiMiFiは、ヨーロッパアフリカのような地続きに国が置かれている地域で真価を発揮するだろう。現在、クラウドファンディング「Indiegogo」で出資を募っている。

価格は79ドル(約8600円)から。配送は今年8月を予定している。

Indiegogo

世界130ヶ国以上で使える4Gルーター「KiMiFi」は、日本の主要3社とも接続可能