Nintendo Switch版『P7』はごほうび動画が2種類!?

 1980年代後半から1990年代にかけて、ゲームセンターで人気を博した人気麻雀ゲームスーパーリアル麻雀シリーズヒロインたちとの1対1の麻雀勝負に挑み、上がるたびにヒロインが脱衣していくという、いわゆる脱衣麻雀だ。

 Nintendo Switchで復活した『スーパーリアル麻雀シリーズは、2019年3月14日配信の『スーパーリアル麻雀PV』を皮切りに、5月23日に『スーパーリアル麻雀PVI』が配信され、6月13日に『スーパーリアル麻雀P7』が配信される。


【画像6点】「脱衣麻雀『スーパーリアル麻雀P7』6月13日の発売の前に、Switch版の画面写真を独占先行公開!」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 『スーパーリアル麻雀P7』は、前作の『スーパーリアル麻雀PVI』と同様に4人のヒロインが登場。アーケード、そして、セガサターンで移植版などが発売されたが、脱衣麻雀としてのシリーズはここでいったん終了し、その後、2018年スマートフォン向けにアイドル麻雀として『スーパーリアル麻雀P8』が配信されるまで、約21年間続編展開は途絶えることになる(『スーパーリアル麻雀P8』の詳細は下記を参照)。

スーパーリアル麻雀シリーズの新作『スーパーリアル麻雀P8』が本日(8月21日)より配信開始!
https://www.famitsu.com/news/201808/21162713.html

 今回移植されるNintendo Switch版『スーパーリアル麻雀P7』では、ごほうび動画を2パターン収録。各キャラストーリーを1周クリアーすると、“夜モード”に切り替えられるようになり、ごほうび動画がアーケード版に変化するという。

 この2種類の収録には、とある理由があると思われる。

 Nintendo Switch版の『スーパーリアル麻雀シリーズは、セガサターンの移植版をベースにしているのだが、セガサターン版の『スーパーリアル麻雀PV』、『スーパーリアル麻雀PVI』がX指定18歳以上指定)だったのに対し、『スーパーリアル麻雀P7』は18歳以上推奨という年齢制限になった影響で、ヒロインたちの脱衣は下着までに。代わりに、セガサターン版用の新たなシーンなどが追加されたという経緯がある。

 今回のNintendo Switch版『スーパーリアル麻雀P7』は、そんなセガサターン版をベースにしながらも、“夜モード”の追加でアーケード版のムービーも楽しめるようになっているという、非常にお得な内容になっているというわけだ(もちろん、白い光で隠されてしまっていると思うが)。

 というわけで、お待たせしました。いろいろと説明が長くなってしまったが、Nintendo Switch版『スーパーリアル麻雀P7』の画面写真を、ファミ通.com独占で先行公開。この写真を見ながら、2019年6月13日の配信日を楽しみに待ってほしい。





Copyright(C)2019 Mighty Craft Co.