リステッド競走を2連勝中のソーグリッタリングは1番人気に支持されるも、直線差し脚届かず3着までとなった。前半1000mをが63.9、勝ち馬の上がりが32.7と馬場も加味して完全な前残り。中団、後方待機勢には非常に厳しい展開だった。

3着 ソーグリッタリング
浜中俊騎手
「目標を置いて競馬がしたかった。レイエンダを見つつ競馬の形は良かったです。この馬場でこの上がりなので展開が向きませんでした。重賞でも力は足りる馬だと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 9日、東京競馬場で行われた11R・エプソムカップ(G3・3歳上オープン・芝1800m)で5番人気、C.ルメール騎乗、レイエンダ(牡4・美浦・藤沢和雄)が快勝した。3/4馬身差の2着にサラキア(牝4・栗東・池添学)、3着に1番人気のソーグリッタリング(牡5・栗東・池江泰寿)が入った。勝ちタイムは1:49.1(稍重)。

 2番人気で横山典弘騎乗、ミッキースワロー(牡5・美浦・菊沢隆徳)は、10着敗退。

 なお、10番ソウルスターリングは出走取消となっている。

【マーメイドS】51キロ軽量サラスがゴール前強襲!

宝塚記念に出走する兄に先駆けて重賞制覇

【エプソムC】1番人気ソーグリッタリングは3着

 重賞4度目の挑戦で良血馬がようやくタイトルを手に入れた。レースは前半が63秒台のスロー、2番手で逃げ馬を見ながら絶好の展開となった。直線に向いて馬場の真ん中からスパートを開始すると逃げるサラキアをかわしてゴール。ルメール渾身のガッツポーズで喜びを爆発させた。

レイエンダ 8戦4勝
(牡4・美浦・藤沢和雄
父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 レイエンダ
2着 サラキア
3着 ソーグリッタリング
4着 ショウナンバッハ
5着 ブレスジャーニー
6着 プロディガルサン
7着 アンノート
8着 ストーンウェア
9着 カラビナ
10着 ミッキースワロー
11着 ハクサンルドルフ
12着 ダノンキングダム
13着 アップクォーク
(出走取消) ソウルスターリング