6月10日(月)に「0.1%の奇跡!逆転無罪ミステリー」(夜6:55-9:00テレビ東京系ほか)が放送される。このほど収録を終え、MCの田村淳ゲスト須田亜香里(SKE48)が取材に応じた。

【写真を見る】“痛快な逆転劇の連続”に須田亜香里もビックリ! 驚きの表情に

日本では起訴されると99.9%が有罪になる中、無罪を勝ち取った“0.1%の奇跡”を再現ドラマで紹介する同番組。

10日の放送では、コンビニで買い物をしただけなのに強盗容疑で逮捕された男性、銀行でお金を下ろしただけなのに窃盗罪で、懲役1年の有罪判決となった元アナウンサーの男性などが登場。

また、誰の身にも起こりうる冤罪被害を未然に防ぐための情報も。

■ 淳&須田が見どころを語る

囲み取材で、淳は「生きるのが怖くなりました。まっとうに生きているんですけど、いつ自分の身に降りかかるか分からない。真実は一つなので、やっていないものはやっていないと言うこと。それを貫き通せるかどうかが、この番組のテーマです」とコメント

続けて須田は「自分が今いる環境が当たり前じゃないと感じました。冤罪(えんざい)って言葉は聞いたことはあったが、家族や周りの人にどういう影響を及ぼしているのか、それぞれの気持ちなどを想像しきれていなかったので、再現ドラマで分かりやすく描いていて勉強になりました」と語った。

淳が須田に「僕たちもいつでっちあげられるか分からないよね~」と振ると、「え、熱愛ですか!?」と驚いた様子を見せる須田。すかさず「いや、ここ2人の熱愛でっちあげないでしょ(笑)」とツッコむ淳に、須田は「誰も得しないか」と話し、笑いを誘った。

さらに須田は、ある“でっちあげエピソード”を告白。「メークが上手にできたりすると、整形疑惑とかすぐうわさされます。もし私が整形してたらもっとかわいくなってるだろって思いますね」と苦笑いした。

最後にテレビ東京の高橋弘樹プロデューサーは「やってもいない犯罪で、いきなり逮捕され、犯罪者になってしまう。これは明日、誰にでも起こり得ることです。

今回は実際に冤罪を作り出してしまった事がある、元検事が、実名・顔出しで告白します。冤罪が起こる理由と自分が巻き込まれた場合の対処法を、テレビ初公開で語ってくれています。

日本の司法は起訴されたら99.9%有罪ですが、ミステリー小説をはるかに上回る鮮やかな立証で、その0.1%の奇跡に挑み、逆転無罪を勝ち取った人々の奮闘にもご注目ください」とアピールした。(ザテレビジョン

6月10日(月)に「0.1%の奇跡!逆転無罪ミステリー」が放送される