Photo: 吉田 祥平

ライフハッカー[日本版]からの転載

MacBookのお悩みポイントは、従来のUSBポートやSDカードリーダーがなく、ポート類がUSB-Cポートひとつしかないこと。しかも、その唯一のUSB-Cポートは電源とつながっていることがほとんどです。

アダプターやドッキングステーションで補うのは、もはや当たり前なのではないでしょうか。USB Type-Aも使いたいし、SDカードも使いたいですからね。

Image: machi-ya

そんな問題を、MacBookを解決しているのが、現在machi-yaでキャンペーン実施中の「DOCKCASE(ドックケース)」です。

従来のType-AUSBポートに加え、有線LANポートやHDMIポート、SDカードリーダーにいたっては、microSDカード通常のSDカードどちらにも対応するリーダーを内蔵。

今回はこのDOCKCASEを実際に使ってみる機会がありましたので、その使用感をお伝えします!

専用ポケットに入ったUSB-CケーブルでMacBookと簡単接続

Photo: 吉田 祥平 Photo: 吉田 祥平

使い方は簡単。ケースの専用ポケットから付属のUSB-Cケーブルを出して、ケースMacBookを繋ぐだけ。

Photo: 吉田 祥平

ケーブルを繋げれば、ケースがそのまま作業台になり、ほとんどすべてのポートにアクセスできるようになります。

MacBookに足りないポートを全部カバー

Photo: 吉田 祥平

MacBookで、足りないと考えられるポートは全部カバーしています。

・有線LANポート×1

HDMI出力(4K対応)×1

USB Type-C×1

USB3.1×1

USB3.0×3

SDカードリーダー×1

microSDカードリーダー×1・microSDカードリーダー×1

これ、すべて搭載! USB3.0については3ポートもつける徹底ぶりです。

Image: machi-ya

さらに、10,000rpmの冷却ファンをしっかり完備。他モデルと同じ条件下で作業した場合、ドッキング部分の温度を約8度以下に下げることが可能になります。

傷に強いレザーで知られるマイクロファイバーレザーを使用

Photo: 吉田 祥平

デザインに無駄な装飾がなく、革の質感を感じられる仕上がりにしているのも魅力。

Photo: 吉田 祥平

レザーには本革よりも磨耗や傷に強いマイクロファイバーレザーを仕様し、繊細で使いにくい革のイメージを変えています。

荷物を増やさず、ケースを変えるだけで解決

Photo: 吉田 祥平

MacBookを使っていると悩ましいのが、USB-Cポートがひとつしかないという問題。もう外受けのドッキングステーションやアダプターをいくつも購入するのはやめて、シンプルに上質なレザーケースと取り替えるだけで、解決してみてはいかがでしょうか?

「DOCKCASE」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてマイクロファイバーレザー13インチモデルが15%オフの16,520円、15インチが27%オフの18,610円(数量限定・送料込み)からオーダー可能。

外付けのドッキングステーションが1万円程度することを考えると、ケースとドッキングステーションを兼ねるのはかなり経済的です。クラウドファンディングの詳細は以下のリンクより。

>>Macbook専用ケース+ドッキングステーション「DOCKCASE」の詳細・購入はこちらから

Source: machi-ya