REBELSプロモーション
「REBELS.61」

2019年6月9日(日) 後楽園ホール

鈴木(右)が11戦無敗でREBELSタイトルを獲得。右のパンチで葵を追い込む

▼第13試合 メインイベント REBELS 60kg級王座決定戦 REBELSルール 3分3R延長1R 
〇鈴木宙樹(クロスポイント吉祥寺
判定3-0 ※三者とも30-28
●葵 拳士郎(マイウェイジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者)
※鈴木が新王者に

 当初、REBELS 60kg級王座決定トーナメント決勝戦で鈴木と才賀紀左衛門が戦う予定だったが、才賀が諸事情により欠場。王座決定戦に相応しい相手として、葵が抜擢された。鈴木は2017年8月にプロデビュー以来、レベルス、Krushなどで試合を重ね10戦10勝(7KO)無敗のホープ
 対する葵は空手仕込みの蹴り技を得意とし、17年にINNOVATION王者に就いた。今年2月にはWBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王座を奪取した。

 1R、右ロー、右ハイ、前蹴りと足技主体の葵に対し、プレッシャーをかける鈴木はパンチと蹴りで前進し五分五分の展開。

 2Rには鈴木が右ストレートを何度も突き刺していく。耐える葵はパンチとミドル、バックブローで応戦するものの押され気味の印象か。

鈴木宙樹が新王者となり記念撮影。右は新ラウンドガールでauレースクイーン近藤みやび

 3R、テンカオ、右ミドル、右ストレートで鈴木が追い込むも、耐える葵はバックブロー。終盤になると攻め疲れの見える鈴木に、葵は最後まで攻め続けたが時間切れ。判定で鈴木が勝利、11戦11勝無敗のままREBELS王者に輝いた。

 マイクを握った鈴木は「葵選手は強い選手で強い一発をもらってクラクラしたのですが、皆さんの応援のおかげで最後まで立つことが出来ました。このベルトを僕が世界の舞台に持っていくので、自分に付いて来てください」とアピールした。


左ミドルで栗秋(右)を圧倒した安本(左)

▼第12試合 セミファイナル REBELS-MUAYTHAIフェザー級王座決定戦 REBELS-MUAYTHAIルール 3分5R 
〇安本晴翔(橋本道場/INNOVATIONスーパーバンタム級王者/元REBELS-MUAYTHAI スーパーフライ級王者)
判定3-0 ※49-47、49-47、49-46
●栗秋祥梧(クロスポイント吉祥寺
※安本が新王者に

 栗秋は九州で50戦近い試合をこなし、昨年上京。今年4月の試合で、REBELS-MUAYTHAI フェザー級王者で三冠王の八神剣太を1R撃破。負けた八神はその場でベルトを返上し、今回のREBELS-MUAYTHAIフェザー級王座決定戦を行う事となった。

 対する安本はデビューわずか1年でREBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級のタイトルを奪取し、その後INNOVATIONスーパーバンタム級王座も獲得している。

 1Rからサウスポーの安本が左ミドル全開で栗秋を圧倒する展開。

 2Rも安本が左の三日月蹴りを突き刺して優勢を保っていたが、3Rに栗秋が左ヒジでカットに成功しパンチ連打で安本を追い込む場面も。安本にはドクターチェックが入る。

 4R、変わらず安本が優位に試合を進め、疲れが見える栗秋は安本の蹴り足をキャッチしてはこかしてペースを乱す。5R、劣勢ながらも時折、強烈な右フックを返す栗秋に、安本は蹴り技を散らして最後まで攻める。圧倒した安本が判定勝ちでREBELS二階級制覇に成功した。


激しく打ち合う日菜太(左)と坂本(右)

▼第11試合 71kg契約 REBELSルール 3分3R延長1R
〇日菜太(クロスポイント吉祥寺/REBELS 70kg級王者)
延長判定2-1 ※10-9、10-10、10-9
●坂本優起(シーザージム/第5代SB日本スーパーウェルター級王者)
※本戦は判定1-0(30-29、29-29、29-29)

「試合前の練習で肉離れをして蹴りが使えなかった」という日菜太は1Rから距離を潰してパンチ連打の真っ向勝負。左ミドルを出せば、坂本は蹴り足をキャッチして連打を許さない。激しく打ち合う攻防に。

 2R、坂本の前進に合わせて日菜太はテンカオを突き刺す。それでも距離を潰して坂本がパンチ連打で前進し乱打戦へ。

 3R、日菜太は左ミドルを混ぜながらパンチを当てるが、タフな坂本は前に出続ける。ロープを背負って追い込まれた日菜太は坂本の連打をもらう場面もあり印象は悪い。本戦はドロー。

 延長R、変わらずパンチの手数が落ちない坂本に、日菜太は左ストレート、左ミドルで応戦。僅差の判定で日菜太が勝利。「坂本選手は凄く体力があって疲れました……」とマイクを握った日菜太には笑顔がなかった。

▶︎次ページはぱんちゃん璃奈、大野貴志、老沼隆斗と続く

韓国のパク(右)に判定勝ちしたぱんちゃん(左)

▼第5試合 47kg契約 REBELSルール 2分3R
〇ぱんちゃん璃奈(STRUGGLE
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●パク・シウ(韓国/TEAM MAD

 美貌と好戦的なスタイルで注目を集めるぱんちゃんが3戦目で初の国際戦に臨んだ。

 ぱんちゃんは今年2月にプロデビュー、4月の2戦目ではベテラン選手相手に眉上をカットさせるなど圧倒し、大差の判定勝利を収めている。長い手足から繰り出す前蹴り、ミドル、ヒザ蹴りの威力には定評があり、実力でも注目度は右肩上がりだ。 

鼻から出血しながらも組みに来る前にパンチを叩き込むぱんちゃん(左)

 今回の対戦相手であるパク・シウは、DEEPUFCで活躍した韓国女子MMAの代表選手であるハム・ソヒの妹分で、テコンドーキックボクシングバックボーンに昨年7月、元DEEP暫定王者の富松恵美にMMAで勝利、キックでは伊藤紗弥、紅絹(もみ)ら日本のトップファイターとの対戦経験がある。
 キャリアで大きく上回るパク・シウに、ぱんちゃんが挑んだ。

 1R、右ミドル、パンチで前進するぱんちゃんに対し、パクは、ぱんちゃんの攻撃力を警戒してかすぐに組み付く展開に。
 パクの組み付きに手を焼くぱんちゃんだが、冷静に組んではヒザを当てていく。ぱんちゃんはバッティングで1Rには鼻血、2Rには同じくバッティングで左目が腫れるなど苦戦。3Rまで同じ展開となったが、組まれる前にパンチ、蹴りなどをうまく当てていき、ヒット数で上回ったぱんちゃんがフルマークの判定勝ちを収めた。

 ぱんちゃんは試合後のツイッターで「最後まで強い気持ちを持って、判定ですが勝てました。試合内容はダメでしたがこの勝利はすごく大きいです」と実績が上の強豪に勝ち更に自信をつけた模様。ますます伸びて行くぱんちゃんに今後も期待だ。


パンチダウンを奪った大野(左)が判定勝ち

▼第10試合 55.5kg契約 REBELS-MUAYTHAIルール 3分3R延長1R
〇大野貴志(士道館新座ジム/WMC日本スーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※30-27、30-27、30-26
KING強介(ロイヤルキングス/REBELS-MUAYTHAIスーパーバンタム級王者)

 8月18日のKNOCK OUTスーパーバンタム級王座決定トーナメント出場権を懸けた一戦。

 1R、お互いに慎重に攻撃を出し合う中、大野が左フックダウンを奪う。巻き返しを狙う強介は前に出ると、大野も打ち合いで応戦。

 終盤には大野が右ハイでぐらつかせ、右ストレートクリーンヒットさせてダウン寸前まで追い込んだ。

 3Rも強介が前に出るものの、大野が随所でパンチを当て巻き返しを許さない。判定で大野が勝利しKNOCK OUT出場権を獲得、一回戦で江幡塁と対戦することが決定した。

 

蹴り技で主導権を握る老沼


▼第9試合 REBELSvs新日本キック対抗戦・大将戦 スーパーフライ級 REBELS-MUAYTHAIルール 3分3R
〇老沼隆斗(STRUGGLE/REBELS-MUAYTHAIスーパーフライ級王者)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●空龍(=あろん/伊原道場新潟支部/日本フライ級2位)

 1R、左右ミドルで前に出る老沼に対し、空龍は蹴りをもらえばすぐに蹴り返していく。

 2R、老沼は徐々に蹴り数も増やして右ミドル、右ロー。空龍は足を止める場面が増え劣勢の印象に。老沼は後ろ蹴り、右ハイと大技も見せる余裕ぶり。

 3R、老沼の蹴りに合わせて、空龍はヒジを合わせていくが決定打を見舞えない。老沼がフルマークの判定勝ち。これで対抗戦はREBELSの2勝1分に終わった。


大谷(左)と高橋(右)の一戦はドローに終わった

▼第8試合 REBELSvs新日本キック対抗戦・中堅戦 ライト級 REBELS-MUAYTHAIルール 3分3R
△大谷翔司(スクランブル渋谷)
ドロー 判定1-1 ※28-29、29-28、29-29
△高橋亨汰(伊原道場本部/元日本フェザー級1位)

 1R、左ミドル主体の攻めを見せる髙橋に対し、大谷はパンチで前進。

 2Rも左ミドル、左ハイと上下に蹴りを散らす髙橋に、大谷は距離を潰して左右フック。大谷はダウン寸前まで追い込むものの、髙橋は耐えてパンチを返す。

 3Rも手数の落ちない大谷はパンチで前進。髙橋もディフェンスしつつしっかり左ミドルを返して譲らない展開に。接戦はドローに終わった。

KO勝ちした千羽(右)

▼第7試合 REBELSvs新日本キック対抗戦・先鋒戦 フェザー級 REBELS-MUAYTHAIルール  3分3R
〇千羽裕樹(スクランブル渋谷)
TKO 2R2分46秒 ※レフェリーストップ
●瀬川琉(伊原道場稲城支部)

 1R、お互いにパンチを出し合う攻防。瀬川のプレッシャーは強いながらも千羽はパンチを返す。2R、左ストレートを当てる瀬川だが、千羽のヒザ蹴り連打でダウンを喫してしまう。勢いに乗る千羽は右フッククリーンヒットさせ追加のダウンを奪いTKO勝ちした。まずはREBELSの1勝。


左ハイをクリーンヒットさせた与座(右)

▼第6試合 63kg級 REBELSルール 3分3R
〇与座優貴(橋本道場/極真会館2017全世界ウェイト制軽量級(70kg)優勝)
判定2-1 ※30-28、28-29、29-28
●耀織(Y’s glow

 1R開始早々に与座は強烈な左ハイをクリーンヒットさせて場内を沸かせる。耀織は距離を潰してパンチ連打で追い込むが、与座は冷静にブロックして左ミドルを返す。2Rもパンチ主体の耀織に、与座は的確に蹴りを入れていく。3Rもパンチ勝負の耀織に対し、与座は組み付いて連打を許さず。随所で蹴りを当てていく与座だが、手数は少なくなる。判定2-1で与座が勝利。


右ハイでダウンを奪った炎出丸

▼第4試合 スーパーバンタム級 REBELS-MUAYTHAIルール 3分3R
〇炎出丸(クロスポイント吉祥寺/元J-NETWORKスーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※29-27、30-27、30-27
ダイナマイト柿崎(DRAGON GYM/RKA スーパーバンタム級王者、前DBS スーパーバンタム級王者)

 1Rからお互いにローを出し合う展開。徐々に炎出丸が右ローを効かせるも、柿崎はダメージを見せることなく右ローからパンチを返していく。

 2R、パンチの手数を増やす柿崎に、炎出丸は右ストレートヒット。3Rになると、接近戦を仕掛ける柿崎に、炎出丸はパンチで応戦し右ハイでダウンを奪う。炎出丸が差を付けて判定勝ち。


打ち合う小磯(左)と小谷野(右)

▼第3試合 61kg契約 REBELSルール 3分3R
〇古谷野一樹(クロスポイント古河/元REBELS 57.5kg級王者)
判定3-0 ※29-27、30-27、30-26
●小磯哲史(テッサイジム/蹴拳ムエタイスーパーフェザー級王者)

 1Rから古谷野が右ローを効かせて主導権を握る。2R、打ち合いに持ち込む小磯に、古谷野が右ストレートからの連打を浴びせてダウンを奪う。

 3R、両者は足を止めて打ち合う展開に。古谷野が差を付けて判定勝ちした。


▼第2試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーウェルター級王座決定リーグ戦 REBELS-MUAYTHAIルール 3分3R
〇吉田英司(クロスポイント吉祥寺
TKO 1R2分7秒 ※ドクターストップ
●津崎善郎(LAILAPS東京北星ジム)

▼第1試合 REBELS-MUAYTHAI スーパーウェルター級王座決定リーグ戦 REBELS-MUAYTHAIルール 3分3R
〇降籏健嗣(士道館 ひばりケ丘道場)
判定2-0 ※30-28、29-29、29-28
●光成(ROCK ON)

鈴木宙樹が新王者となり記念撮影。右は新ラウンドガールでauレースクイーン近藤みやび