株式会社テクノツリー(本社:兵庫県明石市、代表取締役:木下 武雄)は、2019年7月10日 大阪にて開催される「HACCP対応支援セミナー」にてセミナーを行います。当日はHACCP(ハサップ)や食品製造における改善、現場帳票のペーパーレス・電子化ソリューションをメインに、当社の製品「XC-Gate(エクシーゲート」)を活用した各種課題解決のご紹介などを予定しています。

2018年6月に「食品衛生法等の一部を改正する法律」が公布され、2020年6月からHACCPに沿った衛生管理が義務化されます。まだHACCP対応されていないお客様、監視・記録業務の効率化にご興味のあるお客様はぜひご来場ください。


■日時・会場・交通
開催日時: 2019年7月10日(水) 15:00~17:10(受付 14:45)
会場  : 内田洋行大阪支店 2Fセミナールーム(201~203
住所  : 大阪府大阪市中央区和泉町2-2-2 内田洋行ビル
定員  : 30名様
参加料 : 無料
主催  : 株式会社内田洋行
共催  : ウイングアーク1st株式会社株式会社テクノツリー

詳細  :
下記HPにてご確認ください。
https://www.uchida.co.jp/seminar/190710/index.php


■弊社テクノツリーセミナー

セクション(2)15:40-16:20 「記録業務をペーパーレス化!XC-Gateで始めるHACCP対応」
講師:株式会社テクノツリー
HACCP対応により紙帳票の記載と管理、データ化、集計、分析と現場には多くの労力がかかります。XC-Gateにより、現場の紙帳票をタブレットで入力する電子帳票へ変換、電子化することでペーパーレスによる業務の効率化と入力されたデータ活用について実事例を交えてご紹介いたします。


株式会社内田洋行様、ウイングアーク1st株式会社様セミナー

セクション(1)15:00-15:30 「HACCPとは?制度概要とソリューションのご紹介」
講師:株式会社内田洋行
HACCPとは、各原料の受入から製造、製品の出荷までの工程において健康被害を引き起こす可能性のある危害要因を管理する衛生管理方法です。連続的・断続的に監視し、記録することにより、より効果的な衛生管理を行うことができます。HACCP制度の概要とHACCP対応をご支援させていただくソリューションをご紹介いたします。


セクション(3)16:30-17:10 「BIを活用したHACCP対応について」
講師:ウイングアーク1st株式会社
来年度のHACCP義務化により対応はもう済まれてますでしょうか。
この変革期に際し、重要になるのは“取得したデータをいかに活用できるか”です。今回は実際に取り組まれているHACCP対応による取得データや食品業のIoTデータの活用事例をBIツールを軸にご紹介いたします。


■現場帳票電子化システムの決定版「XC-Gate.ENT(エクシーゲート)」
Microsoft Excel で作成した帳票を、タブレットなどのブラウザ表示用に変換するシステムです。お客様自身がExcelだけで入力画面を自由に作成できます。変換するだけでなく、プルダウンや文字入力など、多彩な機能を付加することができます。今まで紙に出力して管理していた現場帳票など、作業効率化およびペーパーレス化が期待できます。

「XC-Gate.ENT(エクシーゲート)」
http://www.technotree.com/products/xc-gate/xc-gate/?utm_source=press-release&utm_medium=media&utm_campaign=20190710


■XC-Gateや、本件に関するお問い合わせ先
ご不明点などございましたら、下記の弊社お問合せ先にてお問合せください。
https://support.technotree.co.jp/techno_support/?utm_source=press-release&utm_medium=media&utm_campaign=20190710


--------------------------------------------------------------------------------
■【会社概要】
名 称   : 株式会社テクノツリー
本社住所  : 兵庫県明石市魚住町清水534番地の7
設 立   : 平成8年7月
代表者   : 代表取締役 木下 武雄
ホームページhttp://www.technotree.com/

配信元企業:株式会社 テクノツリー

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ