新卒採用の社員が感じる入社後キャップとは、大きくは事前に調べた情報やその企業に対するイメージとのズレにあります。

面接 就職
※画像はイメージです(以下同じ)
 これに対して中途採用などの転職組はこれらの事前情報やイメージに加え、前に勤めていた会社との比較でギャップを感じます。

転職先の口コミサイトの評価は最悪

 4年前からイベント会社で働く吉見一郎さん(仮名・32歳)前の職場とのギャップを感じた一人。ただし、それはポジティブな意味でのギャップでしたが、「最初はそのように捉えていなかった」と言います。

「実は、採用が決まった後、ネットの口コミサイトで今の会社についての書き込みがあったんです。すでに辞めた複数の元社員からの投稿でしたが、『残業が多い』『上司が仕事をムチャ振りする』などブラック企業臭が漂う内容ばかり。このときは入る会社を間違えたかな、すぐにまた転職活動をしなきゃならないかも、とネガティブなことばかり考えていました」

 でも、いざ働き始めていると、そこまでキツいとは感じなかったとか。

「仕事柄、イベント現場にも立ち会わなければならず、土日に出勤することも多く、直前には残業が続くこともあります。同僚のみんなも『あまりに仕事がキツくて驚いてるでしょ』『よくウチみたいな会社に入ったよね』なんて自虐的な冗談を言うんですけど、僕自身はブラック企業という感覚がまったくありませんでした」

前職は月100時間以上の超過勤務も

ブラック企業

 ちなみに吉見さんの前の職場は学習塾。そこがあまりにブラックすぎる環境で、「前の会社よりラクじゃん」と錯覚してしまったようです。

20代半ばで教室長にさせられ、それから辞めるまでの間は地獄でしたね。朝9時に出勤し、授業が始まる夕方までは入塾希望者への説明や申し込み手続きを行い、それがない日は電話勧誘などの営業活動。授業は夜10時ごろまであって、その後も個別で生徒からの質問に対応したり、報告書を書いたりで家に戻るのは深夜12時過ぎ。しかも、教室長は管理職扱いでも残業は付きません。

 当時は月に150時間くらい残業していましたが、それでも内勤の本部スタッフに異動するまでの我慢だと耐えていましたが、生徒集めのノルマと上からのプレッシャーがキツくて……。さすがにこれ以上ここで働いていたら自分がおかしくなると思って辞めました」

 ネットの口コミサイトの情報、同僚たちの言うことも多少は話を盛っている部分があるにせよ恐らく本当のことなのでしょう。

転職先は“ブラック気味”のホワイト企業

就職

 現在のイベント会社は、毎月50時間の残業があるとのこと。働き改革の導入で各企業の平均残業時間が減っていることを考えると、なかなかハードな職場のように思えます。しかし、吉見さんの前の職場は、過労死や精神を病んでもおかしくないレベル。今の会社がラクだと勘違いするのもうなずけます。

「もう4年も働いているので、さすがにイベント会社がラクという錯覚はないですが、それでもブラックだった学習塾の環境のせいで耐性ができていたのかもしれません。それに今は残業が多くても休日はちゃんと確保できますし、忙しくない時期に限られますが有給休暇をまとめて消化しても文句は言われません。

 企業として当たり前のことかもしれませんけど、そんなふうに思えるのも最初の勤務先がブラックだったからなんでしょうね。学習塾に勤めていた6年間も、あの長い残業時間も、自分にとってムダじゃなかったように感じます」

 経営陣が聞いたら喜びそうなコメントですが、うがった見方をすれば“社畜”という印象が拭えません。イベント会社の環境が本当に優れているならともかく、彼のケースを単に「よかったね」で片付けるのも問題のような気がします。

 転職後、いい意味・悪い意味の双方で前の職場とのギャップを感じるのは仕方ないことです。でも、企業側はそう感じる社員が1人でも減るように待遇や労務環境の改善を努力する必要もありそうです。

― 特集・新入社員がおどろいた「入社後ギャップ」 ―

TEXT/トシタカマサ イラスト/小池祐子(@ikeko322)>

【トシタカマサ】

ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中