これまで数多くのアーティストカバーされ、親しまれてきた中島みゆきの名曲「糸」に着想を得た映画が、菅田将暉小松菜奈のダブル主演で製作されることが分かった。瀬々敬久監督がメガホンを取り、平野隆が企画・プロデュース、林民夫が脚本を務める。

【写真を見る】中島みゆきも新たな「糸」の形に思いをはせる

「糸」は、中島が知人の結婚式を祝して作り、1992年10月に発表されたアルバムEAST ASIA』収録曲を経て、1998年2月に、「命の別名」と「糸」の両A面リリースされた楽曲。

糸を人に見立て、男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを歌い、ドラマや数多くのCMに起用され、2004年にはMr.Children桜井和寿が率いるbankbandカバーしたことで大きく注目を集めた。

映画化に当たり、平成元年に生まれた男女2人の平成から令和を迎えるまでの31年間を同曲に乗せ、雄大な北海道をはじめ、東京・沖縄・シンガポールを舞台に描くという。

映画化を受け、中島は「『糸』は、とても素朴な曲ですから、いろいろな方々に歌っていただくたびに、さまざまな色があらわれて、いつも驚かされています。このたびは映像の世界に用いていただくこととなり、ありがとうございます。また新たな『糸』に出会えるのを、楽しみにしています」とコメントを寄せた。

■ 菅田「良いめぐり逢わせでありますように」

また、W主演を務める菅田・小松からもコメントが到着。

菅田は「誰もが通る巡り合わせの遊歩道、糸。時に険しく、時に愉快な人間の性を、原曲へのリスペクトを忘れずに、仕合わせを掴み取る気持ちで挑んでいきたいなと思います。

初めましての瀬々監督と、何度も共に闘ってきた小松菜奈というカップリングも純粋に楽しみです。どうか、良いめぐり逢わせでありますように」と意気込む。

一方、小松は「多くの人々に愛され続けてきた『糸』、今回その物語の一部として参加できることをうれしく思います。曲の世界観を大切に、中島みゆきさんの歌詞を心の中に感じながら、これからの撮影に臨みます。

菅田さんとは何回か共演させていただき、過酷な撮影も一緒に乗り越えて来ました。そんな同志のような2人だからこそ紡ぎだせる空気感を大事に、一意奮闘しながら、丁寧に描いていきたいと思います。

劇中2人はそれぞれの人生を歩みながら、出逢いと別れを繰り返します。流れゆく時間の中で、仕合わせとは何か。その瞬間をしっかりと感じて、私らしい園田葵を演じられたらいいなと思います。

今回の作品で私たちが、どんな糸で、どんな布を織りなすことができるのか、とても楽しみです」と力を込めた。

なお、撮影は7月~9月と冬に予定。舞台となる各地でロケを行い、2020年の全国公開が予定されている。(ザテレビジョン

菅田将暉と小松菜奈がW主演を務める「糸」の製作が決定