福島県の猪苗代湖にて、5月31日6月2日の期間で行われた「GO OUT CAMP 猪苗代 vol.6」。天候に恵まれ、例年以上のキャンパーが集った会場には、ボクら好みのクルマが盛りだくさん!

GO OUT CAMPの中でも特に猪苗代では、こだわりの詰まったクルマが多く、カスタムカーも多く見られました。そんな会場でキャッチした、アウトドアクルマを3回に分けてご紹介してきましたが、ラストは鉄板の3車種が登場です!

充実装備のランクル73

OWNER:阿部 廉さん
TOYOTAランドクルーザー

様々なスタイル・仕様が存在するランドクルーザー70系。こちらは2ドアのミドルボディにFRPトップを採用した、通称“73(ナナサン)”だ。内外ともにステッカーを散りばめてコーディネートしているのがファッショナブル!

積載性についても少人数なら全く問題ないそうで、車内にはラックを付けてデッドスペースを有効活用しているのも見どころだ。荷物が多いときだけルーフラックを付けて対処しているという。

ダミダミーこちらのクルマの詳細は、スナップページチェック

 

軽SUVをアウトドア趣味に特化。

OWNERツバサさん
SUZUKIジムニー

テンマクデザインサーカスなどアースカラーで統一し、野性的な雰囲気を醸すサイトの傍らにジムニーの姿が! オーナーに話を伺うと以前はパジェロに乗っていたが、よく釣りに行くため狭い林道も走れるジムニースイッチ

普段はルーフキャリアを付け替えて、フィッシング用ボート(ジョンボート)を積載しているという。

ダミダミーこちらのクルマの詳細は、スナップページチェック

FJとルーフテントの絶妙コンビネーション!

OWNER:エガさん
TOYOTAFJクルーザー

国内では生産終了となりながらも根強い人気を誇るFJクルーザー

人気色のイエローツートンベースにリフトアップを施し、バンパーを塗装したり、ポリタンク用のブランケット&ヒッチキャリアを取り付けてカスタマイズしている。注目はルーフ上に堂々とそびえ立つ大きなテントだ!

このループトップテントはオーストラリアARB製のシンプソン3で出入口や窓を覆う大きな軒が特徴。今回初めて設営したというがその居住性やいかに?

こちらのクルマの詳細は、スナップページチェック

GO OUT WEB