6月9日生放送された「Abemaニュースショー」(毎週日曜昼0:00-2:00、AbemaNewsチャンネル)で、お笑いコンビカラテカ入江慎也が振込詐欺グループを相手にした“闇営業”で所属事務所から契約解消されたニュースについて、MCの千原ジュニアゲストが心境を語った。

【写真を見る】詐欺グループの“闇営業”で事務所解雇となったカラテカ・入江

本番組MCを務める千原ジュニアは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属で、入江の元先輩にあたるが、騒動直後に入江から“報告の電話”があったことを明かした。

「久しく連絡がない人からの突然の電話は大概結婚の報告だ」という持論から、千原は、入江からの電話も結婚報告だと思い込んでいたそうだが、「『解雇になりました』と泣きながら電話がかかってきた」と告白。

そして、「最近はみんな副業をやっててもおかしくない感じになってる」と業界事情についてのコメントを挟みつつも、「でも詐欺グループっていうのがちょっとねえ…」と苦言を呈した。

さらに、ゲストとして登場したお笑いコンビドランクドラゴン鈴木拓は「いろんなところで(闇営業の)誘いはありますけど、相手(先方)が陰で何をやっているのか分からないところがある」と、反社会的勢力バックにいるか自己判断するにもなかなか難しい状況であることを訴えた。

これに対して、千原も似たような経験があったと話し始めた。

「(当時住んでいた)家の近くにお店があって、よく通ってお店の人にも良くしてもらってた。そこのお店の人が黒め(反社会的勢力)の人やったらしくて。俺、(週刊誌で)『黒い交際』と報じられたんですよ。でも俺も普通のおっさんやと思って行ってるから、そんなこと言われたらじゃあもう店のオーナー(の正体)が誰なのか分からない限り、デニーズしか行けへんやん」と嘆きつつ、スタジオの笑いを誘った。(ザテレビジョン

カラテカ・入江のニュースに対し、心境を告白する鈴木拓と千原ジュニア