エルサルバドル戦の後半22分に途中出場、歴代2番目の若さで久保がA代表デビュー

 森保一監督率いる日本代表は9日の国際親善試合エルサルバドル戦で2-0と勝利した。注目のMF久保建英FC東京)は後半22分から途中出場し、歴代2位の若さとなる18歳5日でA代表デビューを飾ったなか、元日本代表DF中澤佑二氏は「ワクワク、ドキドキが止まらないプレーヤーが久しぶりに出てきた」と期待を膨らませている。

 FIFAフランス女子ワールドカップ(W杯)を記念した「公式記念コイン」(泰星コイン株式会社)の記者会見が5日に行われ、ゲストとして出席した元日本代表DF中澤佑二氏は久保について「一つ一つのプレーがとても10代とは思えないぐらいのプレーをする」絶賛。その若武者がエルサルバドル戦でついに代表デビューを飾った。

 1トップに入ったFW永井謙佑(FC東京)の2ゴールで日本がリード。そして後半22分、MF南野拓実(ザルツブルク)に代わってピッチに送り出されたのが久保だ。

 5日のトリニダード・トバゴ戦(0-0)に続いて3-4-2-1システムを採用した日本だが、後半途中に4-2-3-1へシフト。久保はトップ下に入ると、相手2人の間をすり抜ける華麗なドリブルから代表初シュートを放って会場を沸かせ、終盤にはMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)やFW大迫勇也ブレーメン)との好連係で打開を図るなど攻撃センスを見せつけた。

W杯で活躍すれば記念コインに!? 「出たら久保くんがモデルになるんでしょうね」

 このエルサルバドル戦が行われる4日前、女子W杯公式記念コイン記者会見に登場した中澤氏は、久保が男子W杯に出場していずれ記念コインモデルになる可能性もあると指摘。「このままいって、W杯に何大会出るか分からないですけど、出たら久保くんがモデルになるんでしょうね。そういったものが作られることがあると思う」と有望な若武者の未来を思い描いていた。

 その言葉どおり、久保はエルサルバドル戦で鮮烈デビュー。「将来どうなっていくのかなと。ワクワク、ドキドキが止まらないプレーヤーが久しぶりに出てきた」と中澤氏が絶賛した若きアタッカーが、日本代表での第一歩を刻んだ。

 代表通算110試合17ゴールを誇り、W杯2大会(2006、2010)に出場した中澤氏。歴代屈指のレジェンドDFの眼にも久保の才能はひと際輝いて映っているようだ。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

A代表デビューを飾ったMF久保建英【写真:浦正弘】