6月9日(日)の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)にジャニーズWEST・重岡大毅が出演。20年前の彼に野球を教えてくれた“謎のおじさん”の正体が古田敦也だと判明して、大興奮する様子が放送された。

【写真を見る】20代になった重岡大毅が所属するジャニーズWESTが“パパになる”番組なども

重岡が小学生の頃に、近所の公園で砂嵐に巻き込まれた少女を助けた「メガネおじさんがいる」と噂になっていた。放課後、その噂を確かめに公園を訪れると、“メガネおじさん”に遭遇し、野球を教えてもらったという。

数カ月後にテレビで野球中継を見ていた重岡は、そのメガネおじさん古田敦也にそっくりだということに気が付いて、同級生に「メガネおじさんは古田選手だった」と言っても信じてもらえず、それが20年間気になっていると告白した。

司会の後藤輝基(フットボールアワー)からも「そんなわけないやろ~」と疑われると重岡は「地元が一緒、野球がめっちゃ上手かった」と信ぴょう性を説明した。その発言に対してブルゾンちえみは「実家が近所なら、古田さんのご兄弟という可能性もある」と、古田本人ではない可能性もあるのでは、と述べた。

重岡は「今まで、ずっとこのことを自慢し続けてきたので、ホンマじゃないと僕困るんです!」と主張。そこへ古田がサプライズで登場した。

重岡は古田と思われる人物と会ったのが「平木谷公園です」とコメントすると、古田は「実家に帰った時に、いつもその公園で練習していました」と返答。

すると重岡は、「ほらほらほらほら、ほら、言うた俺!」と、“メガネおじさん古田敦也”だったと確信し、大興奮のあまりジャンプしながら喜んだ。

しかし、そんな重岡に対して後藤は「まだ、分からん」と戒め、古田に「子どもに野球を教えたことありますか?」と質問。

古田は「正直に言うと何回もあります。練習している時に近寄って来た子どもたちと練習していました」。しかし、砂嵐に巻き込まれた女の子を助けた記憶があるか聞かれると「その記憶はございません」ときっぱりと答えた。

最後に重岡が「芸能界に入って、いつか古田さんと会った時にこの話をしようと夢見ていて、あの時、僕に野球を教えてくださったのは古田さんですか?」と直球の質問をぶつけると古田は「僕だと思います!」。

重岡は「やったぜ!」とガッツポーズして、全身で喜びをアピールした。さらに「みんな信じてなかったですやん」とドヤ顔になって、疑っていたブルゾンちえみらから「参りました」と言葉を引き出し、満足そうにしていた。

ネットでも「古田さんが教えた子が、ジャニーズになるとはすごい!」「やっぱり古田だ。気さくで優しくて、頭が良い、大スター」「古田、まじでかっこよすぎてしびれた!」などと、重岡と古田の夢のある出会いと、古田の神対応に称賛の声が寄せられていた。

次回の「行列のできる法律相談所」は6月16日(日)夜9:00より放送予定。(ザテレビジョン

ジャニーズWEST重岡大毅は、“謎のおじさん”の正体が古田敦也だと主張