マンチェスター・ユナイテッドが、クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)の獲得に向けて2度目のオファーを提示するようだ。イギリススカイスポーツ』が伝えた。

C・パレス下部組織出身のワン=ビサカは、2018年トップチームデビュー。推進力抜群のドリブルと、長い足を生かしたしなやかな体つきから繰り出す対人守備が魅力の右サイドバックであり、今シーズンクラブ年間最優秀選手に輝いている。

そのワン=ビサカに対して、長きにわたって注視してきたユナイテッドは先日、同選手獲得へ移籍金4000万ポンド(約55億円)のオファーを打診した。しかし、C・パレス側はこれを拒否。同メディアによると、最低でも6000万ポンド(約82億5000万円)を求めていることが伝えられていた。

だが、ユナイテッドはワン=ビサカの獲得を諦めず。今回、その要求額に近い金額を準備し、再度、オファーを提示する方向に向かっているようだ。

サムネイル画像