■なぜ?湿気で髪が広がる・うねる・チリチリする原因

【詳細】他の写真はこちら

雨の日や湿度の高い日などに、髪が広がったりうねったりするのはなぜなのでしょうか。その原因は、髪の毛キューティクルにあるんだとか。キューティクルとは、髪の毛を保護している細胞膜のこと。このキューティクルが破壊され剥がれてしまっていると、その部分から湿気が入り込み膨張してしまいます。これが、髪が広がったりうねったりというトラブルを発生させているのです!


■自分に適したヘアケア対策って?悩み別対処法をリサーチ
うねる・広がる・ボリュームが出ない……など髪の悩みは、人によって異なります。ここでは髪がうねらないようにする方法やぺたんこ解消術など、お悩み別に原因と対処法をご紹介しましょう!男性も必見ですよ☆

・髪が広がる人向けの傾向と対策

出典:@ artman_akiさん

雨が降ると髪が広がる、パサパサ膨らむという人、原因は髪に入り込んだ湿気が膨張してしまうためなんだとか。そのため、湿気をいかに髪の毛に含ませないかが重要になります!対策にはまず、髪に適度な油分を加えてしっとりさせるといいでしょう。朝や就寝前にオイル系のヘアケアアイテムを使うのがおすすめです。つけ過ぎると逆にぺたんこになってしまうので、量には注意しましょう。また、シャンプーやリンスもなるべくしっとり系のものや重たい仕上がりになるものを選ぶのがおすすめです。




・髪がうねる人向けの傾向と対策

出典:photoAC

髪のうねり対策にも、基本的なケアは髪の広がりで悩んでいる人と方法は同じく、髪に油分を足して湿気を入れないようにすることが大事。それでもうねりが直らない場合は、ヘアセット時にストレートアイロンを使用するのも方法のひとつです。その際は、髪を傷めないためヘアケア剤を事前に塗布することも忘れずに!また出先でこまめにブラッシングするのもおすすめです。ブラッシングは髪の水分を均等にする効果があると言われています。




・湿気で髪がチリチリになる人向けの傾向と対策

出典:photoAC

チリチリにもいろいろな種類や要因がありますが、髪がダメージを受けたことによって発生した切れ毛が原因でチリチリ毛となってしまっていることも。そのため、まずは切れ毛を作らないことが大切!ブラッシングのときはやさしくブラシでとかすこと、女性ならヘアゴムを外すときに絡まった毛を無理に引っ張ろうとしないことなどに、日々気をつけるといいでしょう。




・ボサボサさん向けの傾向と対策

出典:photoAC

髪がボサボサになる一番の原因はダメージによるもの。対策は、これ以上ダメージをよりひどくさせないため、髪を洗う際や乾かす際に髪をこすりすぎないようにしたり、ヘアアイロンを使用する際、高温にしすぎたりしないように気をつけましょう。またしっとり系のワックスや、ヘアスプレーで水分を与えたりするとボサボサ髪をまとめやすくすることができますよ。




・ぺたんこさん向けの傾向と対策

出典:@ artman_akiさん

「髪にボリュームが出ない」「セットしたのに湿気でぺたんこになってしまう」という悩みは、髪質が柔らかい、1本1本の毛が細い人に多いよう。ぺたんこを回避する方法として、髪を乾かすときは内側からしっかり乾かして、根本をふんわりと立ててあげるように意識して!またスタイリング時には、重たい仕上がりになるワックスは避け、キープ力の高いスプレータイプのヘアケア剤を使うことをおすすめします。使うときはふんわりとセットした髪の間にスプレーがまんべんなく入りこむように噴射。エアリー感を出すようセットするといいですよ。




・くるくるしちゃう人向けの傾向と対策

出典:photoAC

雨が降ると髪の毛がくるくるしちゃうクセ毛の人は、もともと強めのクセであったり、長いと広がりやすかったりというのが悩みのよう。そんなくるくるクセ毛の人は、湿気が多い梅雨時期にストレートを維持するのが難しいので、湿気が多そうな日はあえてクセを活かせるヘアスタイルすることが対策のひとつです。ワックスなどを揉みこんで、くるくるクセ毛をおしゃれパーマのようにセットしちゃいましょう。どうしてもストレートスタイリングしたい人は、ハードタイプスプレーを髪の表面全体に噴射したあと、コームでなでつけ固めるようにセットすると、ストレートヘアをキープしやすくなるでしょう。




・あほ毛がつんつんでちゃう人向けの傾向と対策

出典:@ao.728kさん

伸びかけの髪や切れ毛など、あほ毛と言われる髪がつんつん立ちやすい症状も湿気が多い日の悩みのひとつですよね。そんなあほ毛対策におすすめなのが、「いち髪 ヘアキープ和草スティック」です。あほ毛に特化したスタイリング剤で、ふたをあけて固形のスタイリング剤をあほ毛部分になでつけるだけで、ぴたっと張りついてくれます。あほ毛はもちろん、アレンジなどの際にハラハラと落ちてきやすい後れ毛などをとめておくのにも利用できる、便利アイテムです。

■おすすめの湿気対策ヘアグッズ
湿気が多い梅雨時期にもっておくと使えるヘアグッズを紹介します。

・熱で素早くセット可能!ヘアアイロン・コテ

出典:mamagirl2017秋号

ストレートや巻き髪などをする際に便利なヘアアイロンやコテは、湿気の多い梅雨時期でも素早く髪のクセを整えてくれます。熱で髪が痛まないように、使う前にはスタイリング剤をつけるのが鉄則!




・くしで髪をとくように使えて簡単!ブラシアイロン

出典:mamagirl2018春号

コテアイロンはちょっと使い方が難しそう……という人におすすめなのが、ブラシ型のアイロンです。髪をとくように使うだけで簡単にクセをとることができます。直接熱を発する部分が露出していないので、火傷しにくいというのもメリットですよ。




・湿気をシャットアウトオイル系のスタイリング

出典:@ artman_akiさん

髪に適度な油分を与えてくれるオイル系のスタイリング剤は、湿気の季節に重宝するアイテム。髪に湿気が入り込むのを防ぐほか、ヘアアイロンやコテなどの前に使用することで髪へのダメージを減らすことができます。




・ウエットなスタイリングならヘアワックス

出典:@ serina1031さん

まとめ髪をする際に重宝するヘアワックスですが、含まれている油分は湿気から髪を守る働きもしてくれます。セット力の高いものであれば、雨の日でもセットした髪をキープしやすくなりますよ。ただし、セット後はウエットな仕上がりになるので、サラサラな仕上がりが好みの人にはあまりおすすめしません。




・ふんわりもしっかりもおまかせ!ヘアスプレー

出典:mamagirl2017秋号

スプレータイプスタイリング剤は、根本をふんわり立ち上げるときに役立ちます。またハード系のキープ力の高いものであれば、髪を巻いたりアレンジしたりしたときも湿気から髪を守り、ヘアスタイルを崩れさせません。

■それでも直らないときのヘアアレンジ法が知りたい!
「あれもこれもしてみたけど、それでも髪型がキマらない…!」そんなときの最終手段は、ヘアアレンジしてしまうこと!ここでは、梅雨時期におすすめのヘアアレンジ方法をご紹介します☆

・クセを活かしてセットしちゃう☆外ハネアレンジ

出典:@ shigeto_hondaさん

髪がうねったりクセづいてしまったりしたときは、そのクセを活かしたアレンジをするのもひとつの方法です。例えば毛先がまとまらずにはねてしまった場合は、そのまま外ハネアレンジにしてしまうのもアリ☆全体をスタイリングするより、時短になる場合もあるかもしれません。




・全体にクセがついてたらまとめちゃおう!シニヨンアレンジ

出典:お団子アレンジは髪型を選ばない!ボブ・ミディアム・ロングどれでもOK◎ @ whyte_shioriさん

毛先もすべて結んでしまうシニヨンアレンジであれば、うねりやボサボサなども関係なし!トップの毛を引き出してふんわりさせて低め位置でお団子を作れば、こなれ感&上品さも演出できちゃいます。顔周りの髪だけ巻いて整えたら、もう完璧☆




・帽子やターバンなどでまるっと隠しちゃう

出典:@ serina1031さん

アレンジするのも面倒という人や髪の短い人の場合は、帽子をかぶって髪をごまかしちゃうのもアリ。クセやうねりをカバーしながら紫外線から髪を守ることもでき、一石二鳥です♡



出典:@ serina1031さん

こちらはターバンを使って、アレンジした一例です。写真はかわいくアレンジをしていますが、もちろん簡単なひとつ結びでもOK!髪をひとつに結んだあとに、クセを隠すようにターバンを巻くだけ!サイドのクセがまるっと隠せておしゃれに見えちゃう便利アイテムです♡

・縮毛矯正でクセの根本から直しちゃう!
梅雨時期に毎日、髪がうねる・広がるという悩みに悩まされるなら、いっそのこと縮毛矯正で髪の根本からストレートにしてしまえば、悩みから解放されるかも!?これなら、梅雨時期も毎日髪をおろしたスタイリングにしたくなっちゃいそうですね♡

■そもそも髪をうねらせない方法ってあるの?
湿気が多い日にどんな対策をしたらよいかはわかったけれど、ほかに事前に対策できることはないのでしょうか?自宅で自分でできるセルフケア方法を調べてみました。

・髪の内側にアプローチして内部補修してくれるアイテムを使う

出典:mamagirl2018冬号

市販で購入できるトリートメント剤は髪をコーティングするものがほとんどですが、サロンで購入できるものや少しお値段の張るものであれば、髪の内側にアプローチして内部補修してくれる役割を持つものもあります。髪のダメージ部分から湿気が入り込むことで、うねりなどのいろいろな髪の悩みを引き起こしているため、髪を補修することは湿気対策にもつながります。ドライヤー前に使用するものや、洗髪後に使うインバスケアイテムなどもあるので、自分に合ったものを選びましょう。

■梅雨の季節をハッピーに乗り切ろう☆
湿気は髪の毛の大敵!しかし、日々のケアやヘアケア方法を見直せば、うねりや広がりなどの髪トラブルは回避できちゃうかもしれません☆湿気に打ち勝って、梅雨の季節もハッピーに過ごしましょう♡
(mamagirl
掲載:M-ON! Press