昭和60年1985年)に角川文庫から刊行された「ぼくらの七日間戦争」。初版から3年後には宮沢りえさん主演で実写映画化もされましたね。宗田理さんが手掛ける“ぼくらシリーズは累計2,000万部を突破し、幅広い世代の青春を彩ってきました。

そして2019年冬、「ぼくらの七日間戦争」が劇場アニメとして帰ってきます!

本日公開されたティザービジュアルがこちら。

2019年12月に全国ロードショーアニメ映画ぼくらの七日間戦争」の舞台は、原作から30年ほどの時が流れた2020年。原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーとなります。

そしてこのほどティザービジュアルと同時に特報映像も公開されました。

監督を務めるのはテレビアニメブレイブビーツ」で監督デビューし、「ドリフェス!」などの話題作を手がけてきた村野佑太監督。脚本を務めるのは、映画「ブレイブストーリー」やNETFLIXで話題となった「DEVILMAN crybaby」など、数々のアニメ大作を執筆してきた大河内一楼さん。

劇場アニメーションとして新たなストーリーで公開される「ぼくらの七日間戦争」。こどもの頃、実写映画をリアルタイムで観に行った人はお父さんお母さん世代かと思いますので、お子さんのいる方は一緒に劇場で鑑賞してみると良いかもしれませんね。

アニメ映画ぼくらの7日間戦争」は2019年12月に全国公開予定です。

 

ぼくらの7日間戦争

関連画像