6月5日南海キャンディーズ山里亮太さん(42)と女優の蒼井優さん(33)の結婚が発表されました。

 2人のキューピット役をしたのは相方の山崎静代さん(40)。2006年公開の映画『フラガール』で共演して大親友となった蒼井さんを引き合わせました。意外な2人の結婚が報道されると、Twitterの世界トレンド1位に「山ちゃん」、2位が「蒼井優」となるほど、世間にも衝撃を与えました。
 



 山里さんは「よしもとブサイクランキング」では殿堂入りバラエティ番組でもその“ブサイクキャラ”、“モテないキャラ”を活かしたトークを展開することも多くありました。

 しかし、結婚発表の会見では、記者からの「蒼井優さんは芸能界一のモテ女優とずっと言われていますが……」との質問に対し、「心配は一切ございません」と断言するなど、かっこよすぎる一面を見せました。

 お笑い芸人と女優。一見すると、接点が少ない組み合わせに見えますが、過去には結婚したカップルも案外、少なくありません。今回はそのなかから5組を紹介します。

木梨憲武・安田成美(1994年結婚)

木梨憲武
木梨憲武って!?』(ベストセラーズ
 木梨憲武さん(57)は、1980年に高校の同級生である石橋貴明さん(57)とコンビを結成。とんねるず1981年に『ピョン吉・ロックンロール』でCDでデビュー1984年には『トライアングルブルー』(テレ朝系)で俳優デビューを果たします。

 一方で安田成美さん(52)は1981年に花王ビオレのCMでデビューを果たし、1982年ドラマデビュー、歌手としても1984年に『風の谷のナウシカ』の主題歌などマルチに活躍。

 そんな木梨さんと安田さんは1986年に公開された、森田芳光監督の映画『そろばんずく』で出会います。2018年放送の『おじゃMAP!!』に出演した際に、安田さんは「この人ほど、私を好きになってくれる人は現れないだろうな」と感じたそうです。

 木梨さんは1月21日インスタグラムで、「NARUさん、今日そとメシです。サッカーの試合あるから早めにかえる!」という安田さんへの公開メッセージを投稿しており、結婚から25年経った現在でも夫婦円満な姿が伺えます。

-



加藤浩次・緒沢凛(2001年結婚)

スッキリ
スッキリ公式サイトより
 加藤浩次さん(50)は、1989年に山本圭一さん(51)と極楽とんぼを結成。2006年から『スッキリ』(日テレ)のメインキャスターを務め、いまやお茶の間の顔となっています。

 緒沢凛さん(40)は、『美少女H』でドラマデビュー1999年に出演した「マツモトキヨシ」のCMが話題になりました。後年、加藤さんの妻として『めちゃ×2イケてるッ!』に出演した際には本名から“カオリちゃん”と呼ばれていました。

 交際のきっかけは、加藤さんがテレビゲーム鈴木爆発』の主人公だった緒沢さんに一目惚れ。自身がMCを務める番組に呼ぶなど猛アタックをして交際が始まります。

 めちゃイケでは、加藤夫妻の結婚から長女の出産までを密着したドキュメンタリー企画が放送され、感動を呼びました。さらに家を建てた際には、壁に鹿のオブジェを釘で打ち付けられるなど手荒な祝福を受けるも、緒沢さんはなぜか大喜び。“芸人の嫁のカガミ”と賞賛されました。

 現在は3人の子供を持ち、加藤さんの『スッキリ』歴も丸13年となります。まさに、順風満帆な結婚生活といってもよいのではないでしょうか。

井戸田潤・安達祐実(2005年結婚、2009年離婚)



 井戸田潤さん(46)は、1998年スピードワゴンを結成。2003年頃、「あま~い」のネタでスピードワゴンブレイクしました。

 安達祐実さん(37)は2歳の時から子役として活躍、1994年日本テレビ系ドラマ家なき子』に主演すると、あまりの演技力の高さから天才子役と呼ばれるようになりました。そんな井戸田さんと安達さんは、2005年に結婚。結婚会見では相方の小沢一敬さん(45)も登場。翌年には長女が誕生しました。

 しかし、2009年に離婚。井戸田さんは「ヤケ酒をして8キロも太ってしまった」と離婚直後のイベントで語っています。その後、安達さんは2014年カメラマンの桑島智輝さん(40)と再婚。井戸田さんは定期的に娘さんと会っているそうで、ある日、娘さんを迎えに来た桑島さんに「出演していた番組が最高だった」と握手を求められたことを、2019年1月に放送された『ダウンタウンDX』で語っています。

陣内智則・藤原紀香(2007年結婚、2009年離婚)

 陣内智則さん(45)は、1992年NSCに入学。お笑いコンビ「リミテッド」を結成するものの、1995年に解散。以降、ピン芸人として活躍しています。

 藤原紀香さん(47)は、1991年にミス日本グランプリコテストグランプリを受賞。1998年J-PHONEのCMでブレイク。CM女王と呼ばれるようになります。

 2人は2006年4月にドラマ『59番目のプロポーズ』での共演をきっかけに結婚。盛大な結婚披露宴は日本テレビ系で中継され、陣内さんが弾き語りをしたコブクロの「永遠にともに」はお茶の間に感動を与えました。

 しかし、2年後の2009年に離婚。離婚後は不吉なイメージがついてしまい、2015年8月放送の『水曜日のダウンタウン』では、「結婚式で『永遠とともに』使う人絶滅説」が検証されるほどでした。藤原さんは2016年歌舞伎俳優の片岡愛之助さん(47)と、陣内さんは2017年フジテレビアナウンサーの松村未央さん(32)とそれぞれ再婚を果たしています。

渡部建・佐々木希(2017年結婚)



 渡部建さん(46)は、1992年児嶋一哉さん(46)に誘われ、アンジャッシュを結成。『エンタの神様』の出演をきっかけにブレイクしました。

 佐々木希さん(31)は、2005年ショップ店員として働いていたところスカウトされます。「ギャルコンJAPAN」の初代グランプリをきっかけにモデルとして活躍。その後、2008年公開『ハンサムスーツ』の出演をきっかけに女優業へと進んでいきます。

 2015年に2人の交際が報道されると、渡部さんはバラエティー番組でいじられることもしばしば。また、佐々木さんは結婚直前に出演したトークバラエティ番組『人生最高レストラン』で、手料理の写真を披露。2人分のほっけが写っていることをツッコまれる場面もありました。

 2人は『行列のできる法律相談所』(日テレ)の生放送で婚約発表。お互いを「わっくん」「のんちゃん」と呼び合っていると告白しました。年の差が15歳あることから渡部さんは「必ず長生きするので、結婚してください」とプロポーズしたそうです。

 佐々木さんは2018年に第一子を出産しています。佐々木さんの妊娠中には「ロッテキシリトール」のCMで夫婦共演を果たし、仲の睦まじい姿を披露しています。

 結婚を決める要因は人それぞれ。女優と芸人の結婚は「美女と野獣」などと言われることもありますが、頭の回転も早く、周りを気遣ったり楽しませることに長けている芸人さんは、結婚相手としてとても魅力的ですよね。

 山里さん、蒼井さんの結婚会見は日本中を温かい気持ちにさせてくれました。笑顔の絶えない素敵な家庭を築いてほしいですね。

TEXT/ちよまる子

【ちよまる子】

東京都出身。テレビをこよなく愛するライターTwitter:@chiyomarumaruko

『木梨憲武って!?』(ベストセラーズ)