松坂桃李が主演を、山本美月ヒロインを務めるドラマ「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。本日6月11日(火)の第8話放送を前に、松坂が同作や演じる“樹”について語った。

【写真を見る】第8話より、“死”の脅威が迫る樹(松坂桃李)!意識を失っている様子だが…!? (他、先行カット特集)

「パーフェクトワールド」は「Kiss」(講談社)に連載中の有賀リエの漫画が原作。車椅子に乗った建築士・鮎川樹(松坂)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本)と再会し、心を通わせていく中で樹の生き方が変化していくラブストーリー

つぐみに思いを寄せる幼なじみ・是枝洋貴を瀬戸康史が、樹の訪問介護ヘルパー・長沢葵を中村ゆりが、樹の同僚・渡辺晴人を松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)が演じる。

■ 「地震が起きたときに“生きたい”って思えたのは」

先週の第7話は、松本に住む高木夫妻からの依頼により、再び仕事を組む事になった樹とつぐみ。焦った是枝(瀬戸康史)はプロポーズの返事を急かし、つぐみからOKの返事をもらう。つぐみの父・元久(松重豊)が大喜びするのも束の間、松本で大きな地震が起きてしまう、という物語だった。

放送後、SNSには視聴者から「松坂さんの演技に釘付け」「樹が心配」「本当の想いを伝えてほしい」「樹が心から笑える日が来ますように」とさまざまな反響が。

第8話ではこの地震により、樹に絶体絶命の危機が迫る。安否が分からない樹を探すため、つぐみは元久が止めるのも聞かずに家を飛び出すのだが…。

松坂は第8話のポイントについて、

「自然災害によって、もう一度、ふたりが自分の気持ちに正直に向き合う回になるんじゃないかなと思います。

地震が起きたときに“生きたい”って思えたのは、樹の本当の想いで、奥底にずっと隠していた部分が彼自身にも見えたから“簡単に諦めたくない、死にたくない”と思えたんだろうな、と思いました」と語る。

■ 「“個々が思う幸せ”というものが大事なんじゃないかって」

また終盤に向けての見どころとして、

「恋愛というのは、なかなか簡単にうまくいかないこともありますよね。

だからこそ『どうやって乗り越えて生きよう?』という事や、様々な障壁があるなか、『なぜふたりはこっちに進んで行くのか?』という姿を、最後まで見届けてもらえたら嬉しいです。

周りが思う幸せではなくて、“個々が思う幸せ”というものが大事なんじゃないかっていうことが、この作品の最後の方でちゃんと伝わればいいなと思っています」とコメント

絶体絶命の危機が迫る樹。その中で、いったい何を思ったのか…?

「パーフェクトワールド」第8話は、本日6月11日(火)夜9:00より放送。(ザテレビジョン

「パーフェクトワールド」第8話より (C)カンテレ