アメリカ宇宙開発企業ヴァージンオービット社の事業にANAHDが協力します。ミッションは、ボーイング747型機「ジャンボジェット」を使った人工衛星の打ち上げ。アジアでは初の事業だといいます。

アジアの宇宙輸送拠点を目指す

ANAホールディングスANAHD)は2019年6月6日(金)、ヴァージンオービット社と、同社の日本・アジア展開に関する契約を締結したと発表しました。

ヴァージンオービット社はアメリカ宇宙開発企業です。改修したボーイング747-400型機「ジャンボジェット」を使い、人工衛星を打ち上げる事業を展開しています。従来の地上打ち上げ施設とは異なり、打ち上げ地点を柔軟に設定できるとのこと。同社がアジア宇宙開発事業を展開するのは、今回が初といいます。

ANAHDは、日本やアジア人工衛星を打ち上げるための輸送支援や、航空機、牽引車(トーイングカー)といった機材の整備、運航支援で協力関係を築くため、ヴァージンオービット社と協議を始めました。また、スペースポートジャパン(SPJ)とも連携し、日本国内で最適な打ち上げ場所の選定に向けて協力していくとしています。

【写真】打ち上げられる人工衛星のイメージ

人工衛星打ち上げ用に改修されたボーイング747-400型機(画像:ANA)。