神戸のアシスタントコーチに就任したモラス雅輝氏 トラパットーニ監督の“生きた言葉”を吸収

 先日、監督交代を発表したJ1リーグヴィッセル神戸で新たにアシスタントコーチを務めることになったのがモラス雅輝だ。

 その名前からよく誤解されるが、ハーフではない。母親の再婚相手の姓を名乗っている生粋の日本人だ。ドイツに渡ったのが16歳の時。18歳の頃から指導者としての活動を開始すると、オーストリアを中心に活躍の場を広げ、その堅実で情熱的な仕事ぶりは高く評価されている。

 2007年にはオーストリアブンデスリーガ1部レッドブル・ザルツブルクで、元日本代表の宮本恒靖(現・ガンバ大阪監督)と三都主アレサンドロの通訳を担当。その後、09年には浦和レッズフォルカー・フィンケ監督の下でコーチに就任していた。5月下旬、インスブルックの旧市街にある素敵なカフェに案内してくれてくれたモラスは、これまでの自分を述懐しながら落ち着いた口調で語り出した。

「自分はある意味ラッキーだったと最近本当に思うんですね。日本ではフィンケとも仕事ができた。そして僕がレッドブル・ザルツブルクに初めて行った時には、監督がトラパットーニだったんです。1年半、彼からいろいろ学べた。考え方もすごく面白かった」

 出てきた名前はイタリア代表やユベントスバイエルンで指揮を執るなど世界的な名将の1人だったジョバンニ・トラパットーニ。モラスは通訳として監督の生きた言葉に触れ、貪欲に吸収していった。

「トラパットーニは確かに守備第一で、チームリードしていたら絶対フォワードは外して、守備に1枚入れるというのはあった。でも彼のハーフタイムでの選手に対する接し方とか、コミュニケーションの取り方とか、練習中の、特に若い選手に対しての教え方とかは素晴らしかった。あの時で68歳だったんですけど、選手に対する愛情、選手にこれを伝えたいっていう気持ちがすごかった。

 ある時の練習で若い選手のスローインが良くなかったと指導し始めるんですけど、すぐにスイッチが入っちゃう。残りの選手が『いつ終わるんだ、これ?』と思っているんだけど、気にせずに一生懸命教えている。70歳近い人が、18歳や19歳の選手にそこまでの情熱を持ってスローイン一つ指導しているのを見て、僕は本当にすごいと思った」

ザルツブルクで名だたる指導者と交流、フィンクとも出会う

 当時のレッドブル・ザルツブルクは、顧問をドイツの“皇帝”フランツ・ベッケンバウアーが務めるなど、バイエルンとの密接な提携関係があった。トラパットーニ監督のほか、コーチにローター・マテウス、スポーツディレクターオリバー・クロイツァー。選手でもセンターバックトーマス・リンケに、センターフォワードアレクサンダー・ツィックラー。ボランチには現在バイエルン監督を務めるニコ・コバチもいた。

 もちろん、モラスは宮本や三都主のケアや通訳にも一生懸命だったが、クラブとの契約はトップチームスタッフだったという。だからプラスアルファチームのためになることだったら、なんでもサポートしていた。そして、そこで神戸の新監督に就任したトルステン・フィンクとも知り合う。

セカンドチームの監督がフィンクだったんです。僕は彼と気が合って、すごくいろいろな話をして、彼に依頼されてちょっとスカウティングもやったりしていた。今だったら、日本人選手の専属通訳っているじゃないですか。僕が始めた時は専属通訳じゃなかった。通訳もするけれど、プラスアルファチームの仕事もするっていう感じで。そのおかげで、フィンクのスカウティングをやったりして学べることも多かった」

 宮本と三都主が日本に帰ることになった後も、モラスはザルツブルクによく出入りして、ロジャーシュミット(現・北京国安監督)やラルフラングニック(現・RBライプツィヒ監督兼SD)とも知り合い、見識を深めていく。様々な指揮官の下で学びながら、モラス自身は指導者としての経験を積み重ねていった。

 地元の強豪クラブであるインスブルッカーACでは育成部長も務めた。さらには指導者としてだけではなく、スポーツディレクターとしての顔も持っている。14年にはオーストリアブンデスリーガスポーツマネジメントアカデミーを、アジア人として初めて卒業しているのだ。

オーストリアの女子チームで監督兼スポーツディレクターを兼任

 17-18シーズンからは、オーストリアで3番目に優勝回数が多い名門ヴァッカーインスブルックの女子チーム監督およびスポーツディレクターを兼任することになる。

コーチとの契約の話とかフィジオとのこととか、選手が怪我をした時にどういうプロセスで誰がドクターと連絡を取って手術のアポイントを取ったりとか。実際にチームの中で起きるトラブルなど、すべてを自分が責任を持って取り組んできた。女子チームだけど、今は男子でもセンシティブというかコミュニケーションを取ってやらなきゃみたいなのもあるので、やっていることはそんなに変わらないじゃないかと思う」

 その年に2部・3部に所属していたトップセカンドの両チームをそれぞれリーグ優勝とダブル昇格に導いた。今季はトップチームが1部リーグを6位でフィニッシュ。昨今、日本人指導者の海外での修業が増えてきているが、実際に欧州1部リーグで指揮を執ったことのある日本人は彼だけ。お客さんとしての経験ではなく、常に実戦の場に立ち続け、培ってきた経験は本物だ。

 次なる挑戦の場に選んだ先は、近年大型補強を敢行し、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタや同FWダビド・ビジャ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキらが所属する神戸。Jリーグの舞台で、どんな化学反応を起こしてくれるのか楽しみだ。(文中敬称略)(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

神戸のアシスタントコーチに就任したモラス雅輝氏【写真:中野吉之伴】