大きなトレーラーに乗せられた鉄道車両が、ゆっくりと道路を運ばれていく――。鉄道好きはもちろん、そうでない人もテンションが上がる光景です。

【画像】「うひょぉぉぉ! すごい光景!! 」2017年のイベントの様子

 でもそんな大掛かりな陸送は、大抵は夜間に行われます。なかなか観に行く機会がない……と考えているあなたにうれしいお知らせです。なんと、昼間に高速鉄道の車両の陸送が見られるイベントが、2019年7月14日山口県下松市で開催されるんです!

 それが、下松市政施行80周年記念事業として行われる「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」です。

 陸送されるのは、英国の都市間高速鉄道計画(IEP:Intercity Express Programme)で使用される鉄道車両「Class800シリーズ」の先頭車両2台。Class800シリーズは下松市内の日立製作所笠戸事業所で製造されていて、英国で既に2017年から活躍しています。

 今回は市内外から3万人を超える観客が集まったという2017年の陸送イベントの「再来」。日立製作所笠戸事業所正門から徳山下松港下松第2ふ頭まで、約2キロの距離を約1時間かけて移動します

 イベント当日は、下松市市民運動場周辺でグッズ販売やエンディングセレモニーを、くだまつスポーツセンターでも同じくグッズや飲食物の販売、大型ビジョンでのパブリックビューイング放送などが予定されています。

 なお、Class800シリーズの製造はもう終盤に差し掛かっています。ここでClass800シリーズが陸送される勇姿が見られるのはこれが最後のチャンス。見逃せませんね。

クラウドファンディングでもイベントを応援できる

 またクラウドファンディングサイトのReadyforで2019年6月30日まで、応援プロジェクト鉄道ファン必見!最後の英国高速鉄道車両イベントを成功させたい」も行われています。

 支援によるリターンには車両クリアファイルステッカー、下松特産品などのグッズのほか、非売品の「Class800シリーズノベルティ」(2万円支援コース)、来場できない人向けの「グッズ全部コース」(4万円支援コース)、さらには特別観覧席で観覧と撮影ができる「特別観覧&撮影チケットコース」(5万円支援コース)や「特別観覧・撮影チケット&山下工業所制作の打ち出し板金記念プレート」(10万円支援コース)などがあります。

 目標額は500万円。今回のクラウドファンディングプロジェクトは達成後支援型(All or Nothing形式)のため、目標金額を達成しないと支援金を得られません。そのため実行委員も「なんとか成立させたい」と意気込んでいました。興味のある人、「陸送ファン」や「撮り」の人はチェックしてみては?

(鶴原早恵子)

“最後”のイギリス高速鉄道車両「Class800」が下松市の日立製作所工場から出荷される様子を一般公開