2019年6月4日、世界の非常に革新力がある太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は、五年連続で米PV Evolution Labs(PVEL)とDNV GLから2019年の太陽光パネルの信頼性に関する調査結果をまとめた報告書「PVモジュール信頼性スコアカード」の「トップフォーマー」(TOP PERFORMERモジュールメーカーの証明書を授与された。

PVモジュール信頼性スコアカードが独立したテストデータを通じて、PVモジュール太陽光発電メーカーランキングして、業界で全面的なモジュール信頼性を判断する標準である。PVELの製品認定プログラム(PQP)の一環として、2019年スコアカードは過去18ヶ月のテスト結果をまとめた、「トップフォーマー」を獲得したモジュールは全体的なテストシーケンスで減衰率が2%より低い。

「私たちは毎年のPVELのPVモジュール信頼性スコアカードが期待しています。ジンコソーラーは再びこの賞を獲得したことをとても光栄です。これは弊社のブランドがもっと多くのお客様、投資家と銀行の愛顧を得ることができます。私たちの研究開発チームは技術革新を通じて、業界革新をリードすることに取り組んでいます。厳しい品質検査の下で、業界のトップ記録を更新しています。高効率と高信頼性の製品だけで、グローバルのお客様の需要を満足できると我々が信じています。」とジンコソーラーCEO陳康平がコメントした。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカインドメキシコブラジルアラブ首長国連邦UAE)、イタリアスペインフランスベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2018年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、シリコンインゴットとウエハーで9.7GW、太陽電池で7.0GW、太陽光発電モジュールで10.8GWの年間総発電容量がある。

ジンコソーラーは世界で6ヶの生産拠点があり、日本(2)シンガポールインドトルコドイツイタリアスイスアメリカカナダメキシコブラジル、チリ、オーストラリア南アフリカアラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームイギリスブルガリアギリシャルーマニアヨルダンサウジアラビア南アフリカエジプトモロッコ、加納、ケニア南アフリカ、コスタリカ、コロンビアパナマアルゼンチンに広がって、従業員が1万2,000人以上を雇用しております。

104-0031
東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX:03-6262-3339
ホームページhttp://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

配信元企業:Jinko Solar株式会社

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ