ホンダHonda)の中国部門は6月11日、中国上海市で開幕したCESアジア2019において、第3世代の「ホンダCONNECTシステム」を、アリババグループと香港科技大学と共同開発すると発表した。

【大きい画像を見る】ホンダ、第3世代の「ホンダCONNECT」開発へ…CESアジア2019で発表


ホンダは、第2世代のホンダCONNECTシステムを発表したばかり。リアルタイムの渋滞情報を含めたナビゲーション機能が強化されており、インテリジェントな音声認識テクノロジーも導入する。

さらに、第2世代のホンダCONNECTシステムでは、多くの中国人が利用している決済アプリ、「アリペイ」(Alipay)などによるオンライン電子決済に対応する。ドライバーは運転席に座った状態で、駐車料金などをオンライン電子決済で支払うことが可能になる。第2世代のホンダCONNECTシステムは、2019年内に発売される新型車から搭載を開始する予定だ。

ホンダはCESアジア2019において、第3世代のホンダCONNECTシステムを、アリババグループと香港科技大学と共同開発すると発表した。第3世代のホンダCONNECTシステムには、アリババグループのAI(人工知能)音声アシスタント、「天猫精霊」を搭載する。天猫精霊は最新の音声認識技術を採用しており、乗員は車内で話しかけるだけで、アリババグループの通販サイトで買い物ができるなど、利便性が向上する。【ほかの画像を見る】ホンダ、第3世代の「ホンダCONNECT」開発へ…CESアジア2019で発表

ホンダ、第3世代の「ホンダCONNECT」開発へ…CESアジア2019で発表