動物の飼育や虐待防止について定めた、動物の愛護及び管理に関する法律(通称・動物愛護法)

悲しいことに、動物を故意に傷付ける事件は少なくありません。動物愛護法は、人間と動物がうまく共存するための法律です。

※写真はイメージ

動物愛護法の改正は5年に一度であり、2018年から改正について国会で議論が交わされてきました。

検討が遅れ2019年になっても議論は続いていましたが、2019年6月12日、ついに改正が成立しました。

2019年6月、動物愛護法が改正

2019年6月12日、参院本会議にて改正動物愛護法が全会一致で可決、成立しました。

産経ニュースによると、改正後の主な変更点は以下の通りです。

・ブリーダーや繁殖業者にマイクロチップ装着を義務。一般の飼い主は努力義務とする。

動物虐待罪を厳罰化し、ペットの殺傷に対する罰則を現行の「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」から「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に引き上げ。

・生後56日(8週間)以下の犬や猫の販売を禁止する。

マイクロチップとは、直径2mmほどの小さな電子機器。マイクロチップには飼い主のデータが登録されるため、遺棄を減らしたり迷子を防止したりする狙いがあります。

マイクロチップの義務化は公布から3年以内に施行されるとのことです。

また、虐待に関する悪質なケースが後を絶たないため、動物虐待を厳罰化。これまで、「動物虐待の罪があまりにも軽すぎる」という声は後を絶ちませんでした。

今回の改正に対し、ネット上には多くの意見が上がっています。

素晴らしい!これはいいニュースですね。

・正直いいたいことはあるけど、大きな1歩になるはず!

・これで無責任な飼い主や虐待する人が減ることを祈ります。

・動物は物じゃなくて命。傷付けるようなことがあっちゃいけない。

きっと、今回の改正に対して「まだ甘い」と思う人は少なくないことでしょう。

次回の改正に向けて、尊い命を守るために私たちはしっかりと考えなければなりません。


[文・構成/grape編集部]

出典
産経ニュース
※写真はイメージ