求人数の多いプログラミング言語は? エンジニア向け転職サイト「レバテックキャリア」を運営するレバテックが調査したところ、1位は「Java」で31.10%だった。同社は「スマホ決済サービスブロックチェーン業界等での需要拡大が伺えるだけでなく、システム投資の市場が活況であることも要因の1つ」としている。

【その他の画像】

 2位はWeb開発に適しているといわれるPHP(14.96%)だが、求人数は前回調査(17.09%)よりも約2ポイント減少。レバテックによると「新規サービスを立ち上げる際、RubyPythonを取り入れる企業が増えており、16年度の調査開始以来、PHPシェアは減少傾向にある」という。

 3位は日本で開発されたプログラミング言語であるRubyで8.24%。その後、C#/C#.net(6.61%)、JavaScript(6.55%)、Python(6.35%)と続いた。レバテックは「Python人工知能(AI)やディープラーニングなど、先端技術の開発に欠かせない。シェア率も2.3ポイント増とJavaに次ぐ2位となっており、注目度の高さが伺える」とコメントしている。

 調査は2018年4月1日~19年3月31日に「レバテックキャリア」に新規掲載された求人データ3482件を対象に実施。必須スキルとして登録されている求人を言語別に集計し、多い順にランクを付けた。

求人数の多いプログラミング言語ランキング1位~5位(=レバテック調べ)