最終節までもつれ込んだのち、マンチェスター・シティの優勝で幕を閉じた今年のプレミアリーグ

 そんなプレミアリーグといえば過密でも日程でも有名。2019-20シーズンからはようやくウインターブレイクを導入することになり、リーグ戦のミッドウィーク開催も廃止となった。

 そこで今回は、過密日程の中で行われた今季プレミアリーグの中で負傷者はどれぐらい多かったのか、クラブごとにランキング方式でご紹介する。


9位 ワトフォード

負傷者数:33人
主な負傷者:デウロフェウなど


9位  ボーンマス

負傷者数:33人
主な負傷者:ライアンフレイザー、ルイスクックなど


6位 マンチェスター・シティ

負傷者数:35人
主な負傷者:ケビン・デ・ブライネ、セルヒオ・アグエロフェルナンジーニョなど


6位 カーディフ・シティ

負傷者数:35人
主な負傷者:ケネト・ゾホレなど


6位 アーセナル

負傷者数:35人
主な負傷者:エクトル・ベジェリン、ヘンリク・ムヒタリアン、シュコドラン・ムスタフィなど


4位 ニューカッスル・ユナイテッド

負傷者数:36人
主な負傷者:シーンロングスタッフミゲルアルミロンなど


4位 ハダースフィールドタウン

負傷者数:36人
主な負傷者:アーロン・ムーイなど


3位 リバプール

負傷者数:37人
主な負傷者:アレックスオックスレイドチェンバレンロベルトフィルミーノ、ナビ・ケイタなど


2位 トッテナム・ホットスパー

負傷者数:42人
主な負傷者:ハリー・ケイン、デレ・アリ、ムサ・シソコなど


1位 マンチェスター・ユナイテッド

負傷者数:61人
主な負傷者:アントニー・マルシャル、ジェシー・リンガードアレクシス・サンチェスアンデル・エレーラ、ネニャマ・マティッチなど