6月13日に行われた、東京2020P&G「みんなの表彰台プロジェクト」合同記者発表会に、松岡修造室伏広治、植草歩選手、秦由加子選手らが出席した。

【写真を見る】松岡修造は回収ボックスに空き容器を投入する際も気合を入れる

このプロジェクトは、6月19日(水)から開始し、衣料用洗剤「アリエール」や台所用洗剤「ジョイ」などのP&G製品の使用済み製品容器を回収して、2020年東京オリンピックパラリンピックの表彰台制作に再利用するというもの。

プロジェクトの“熱血応援リーダー”である松岡は、「スタートということで身が引き締まります。一昨年、森会長とお話させていただいたとき、こういう言葉を作りました」と、同席していた東京2020組織委員会・森喜朗会長とのエピソードを交えて語り始めた。

「“森さん for all,all for 森さん”。なぜかというと、僕は2020に向けて宣言しました。『自分は灰になる』って。すべてを出して応援するって。誤解を恐れずに言います。森さんは本当の意味で灰になるという思いでやってらっしゃるんです。それを思ったら、みんなが森さんを思ってやっていきたいという思いになっています。今日はスタートで、ゴールまで突っ走っていきたいと思っています」と力強く意気込んだ。

■ 松岡「みんなが参加することが大切」

一方、元ハンマー投げの選手で、東京2020組織委員会スポーツディレクターを務める室伏は「スポーツは未来を変える力があるということで、組織委員会としても、こういったプロジェクトはすばらしい。環境に配慮したオリンピックをわれわれも取り組んでいます。メダル自体も携帯電話などの金属からのリサイクルの物で、そして選手が上がる表彰台もリサイクル。これからもサステイナブル(持続可能)なオリンピックになっていくと思います」とコメントした。

そして、空手組手女子の全日本強化選手の植草選手は、「リサイクルされた表彰台の上に、そして一番高い所に立つに絶対に立つという決意ができました。頑張ります」と決意を新たにしていた。

続いて、パラトライアスロンの日本代表・秦選手は、「トライアスロンは自然の中で行われる競技。今日は興味がある環境問題に関するもので、(参加できて)すごくうれしい」とあいさつ

プロジェクトについて、松岡は「五輪はみんなが参加することが大切。このプロジェクトも一つの参加。みんなの思いが詰まった表彰台に選手が立つんです。このリサイクルは、選手にとっては表彰台に上がると人生が変わる、リニューアルすることにつながるんです」と力説した。

■ 室伏「職員、みんな意気込んでいます」

2020年に迫ったオリンピックについて、「まもなくテストイベントも始まり、大会の運営面でも計画してきたことを実行していくフェーズになってきています。職員、みんな意気込んでいます」と大会に関わる室伏が現在の状況を解説。

一方、秦選手は「8月にプレ大会がお台場で行われるということもあるんですが、選手村や辰巳の東京アクアティクスセンターがだんだん形作られてきているのを見ると、近づいているんだなと感じます」と語った。

植草選手も「空手で出場するためには、毎月行われるプレミアリーグに出てランキングを上げていって、その上位10人が五輪に出られます。みんな人生を懸けてプレミアリーグに出てくるので、今までは毎回優勝できていたのが、負けてしまうこともあるので。海外の選手の熱い思いを感じることもあって、オリンピックが近づいていると感じます」と近況を語った。

そこで松岡は、「この爪、なんですか?」と植草選手の金色のネイルに興味を抱いた様子。植草選手は「いつも金を身に着けることを心掛けているので(笑)。空手にネイルは変だって思われるかも知れませんが、こういう選手がいてもいいかなと思ってます」と返した。

■ 松岡が秦選手に鋭いツッコミ

また、「現在、どんなトレーニングをしているか?」という質問に対して、秦選手が「メダルを取って表彰台に上がったときにどういうコメントをするかというトレーニングをしてます」と答えると、会場は「オーッ!」とざわめく中、「冗談です」と秦選手。すると松岡が「冗談でそんなこと言っちゃだめですよ」と思わずツッコむ一幕も。

続けて秦選手は「植草さんとご一緒して、普段のトレーニングや筋肉の付き方が気になって。さっきもずっと(体を)触ってたんですよ。そういった違う競技の方と接する中で、体を強くするにはどうするか視野を広げて、積極的にやっています」と真面目にコメントした。

それを受けて、松岡が「それが一番分かってる方は室伏さんじゃないですか?」と切り出すと、「私に(話を)振りますか」と室伏と言いつつ、「自分の競技だけでなく、いろんなスポーツに取り組んで体を鍛えることで、どんなときにも強い選手になれるんじゃないですかね」と解説していた。

さらに、秦選手は五輪への意気込みを「表彰台の上に上がれるようにしたい。私がこのプロジェクトに関わったということは、そういう流れなんだろうなと思っています。頑張りますので、応援よろしくお願いします」と力強く語った。

植草選手は「新種目に空手が入ったことは、空手界にとって大きな光が差し込んだということ。日本発祥の空手で、武道の聖地の日本武道館で行われることはすばらしいタイミング。私は28才で迎えることができるので、全てが最高のタイミング。私が優勝することで、子供たちの夢や希望につながると思う。空手はまだマイナー競技なので、それを知ってもらうために私が優勝することは宿命だと思っています」と、こちらも負けじと力強いコメントを残した。(ザテレビジョン

東京オリンピック・パラリンピックに向けたプロジェクトの発表会