「あれをなかなかフェアグラウンドに運ぶのは難しい」

ソフトバンク 3-0 阪神(交流戦・13日・ヤフオクドーム

 ソフトバンクが阪神との息詰まる投手戦を制し、このカードを1勝1敗1分とした。13日、本拠地ヤフオクドームでの一戦。ソフトバンク大竹、阪神高橋遥の両先発の好投が続く中、グラシアルが放った値千金の一発が試合を決めた。

 大竹と高橋遥の同学年左腕対決は、大竹に軍配が上がった。ともに6回まで相手打線を1安打に抑える好投を続けたが、ソフトバンクは7回裏に今宮と内川の連打の後、グラシアルがレフトスタンドに3ランを叩き込んだ。援護をもらった大竹は、8回まで 投げて2安打無失点に抑えて自身3連勝、4勝目をマークした。

 試合後の工藤公康監督は、まず「相手の高橋くんが素晴らしかった。低めのまっすぐ、低めから落ちる変化球で、打つのが難しかった。後半の1点勝負かなと感じていましたが、よく3点取れたなと思います」と相手左腕を称賛。そして「大竹くんも自分の持ち味を出したピッチング。高橋くんに負けず劣らず制球も緩急も使って、甲斐くんがいいリードをしてくれたと思います」と我慢比べを制した自軍バッテリーの健闘を称えた。

 また、グラシアルの決勝3ランについて「インサイドカットボールをね、技ありのホームランと言っていいと思います。あれをなかなかフェアグラウンドに運ぶのは難しい。あれをホームランにするのは素晴らしいと思います」と大絶賛。これまで3番だった打順を5番に変えた理由について「左ピッチャーというのもあって、デスパイネの後ろにグラシアルがいた方がいいかなと思いました。ランナーがいるところで決めてくれる1本を打ってくれたらと思って」と説明。まさにその策が奏功した形となった。
 
 グラシアルの3ランを呼んだ今宮と内川の連打も「よくつないでくれた」と評価した工藤監督。それと同時に、2人が初回の守りで見せた好プレーにも「素晴らしかったですね。何とか勝ちたいという思いが出ていたと思います」と語っていた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】