三菱のクロスオーバーSUVエクリプス クロスに待望のディーゼルエンジン搭載車が追加された。追加されたのは、2.3L(2267cc)直4ディーゼルターボの4N14型である。

トランスミッションはアイシン・エィ・ダブリュ製8速ATを組み合わせ、駆動方式はAWDである。価格は3071800円~3424680円。

三菱エクリプス クロスは、1.5L直4ターボエンジンCVTというパワートレーンで2018年3月に国内デビューしている。現在までに欧州、アセアニア、ASEAN、北米、日本など約100カ国以上で販売されている。

欧州市場向けにはもともとディーゼル仕様の設定があり、国内導入に際には「1.5Lガソリンターボ+CVT」と「2.2L直4ディーゼルターボ+8速AT」のふたつのパワートレーンを設定するはずだった。今回のディーゼルエンジン搭載モデルの追加で、いよいよエクリプス クロスラインアップが完成してことになる。

搭載するエンジンは、デリカD:5が搭載する4N14型直列4気筒ディーゼルターボである。
排気量は2267cc(なので、三菱が言う「2.2L」ではなく「2.3L」と表記するのが正しいと思うのだが)。

パワースペックは以下の通り。

・最高出力:145ps(107kW)/3500rpm
・最大トルク:380Nm/2000rpm

酸化触媒/NOxトラップ触媒/DPFを統合した排ガス浄化システムに加えて、尿素SCRシステムを採用している。燃料タンク容量は、60ℓでガソリンAWD車と同じ。

トランスミッションは、スポーツモード付8速AT(アイシン・エィ・ダブリュ製)。で、ディーゼルエンジン搭載車はすべてAWDとなる。

メーカー希望小売価格(消費税込み)
M:3061800円
G:323280
G Plus Package3403080円
・特別仕様車BLACK Edition:3424680円
・特別仕様車BLACK Editionオーディオ非装着車:332万7480円

 

ガソリンエンジン搭載車との気になる価格差は以下の通り。

ガソリン M(4WD):275万5080円
ディーゼル M(4WD):3061800円
・価格差:32万6720円

ガソリン G(4WD):293万4360
ディーゼル G(4WD):323280
・価格差:29万5920円

ガソリン G Plus4WD):310万7160円
ディーゼル G Plus4WD):3424680円
・価格差:31万7520円

つまり、ガソリン(1.5Lターボ)とディーゼルの価格差は約30万円だ。

1.5ℓ直4直噴ターボ+CVTAWD車の燃費は
JC08モード:14.0km/L

今回追加された2.3L直4ディーゼル+8ATのAWD車の燃費は
JC08モード:15.2km/L
WLTCモード燃費
WLTCモード燃費:14.2km/L
市街地モード:11.0km/L
郊外モード:14.0km/L
高速道路モード:16.4km/L
だ。

燃費の差を燃料費で取り戻すには、レギュラー(現在1L=144円)、軽油(1L=124円)だとすると、1年間1万km走行する場合は(JC08モード燃費が実燃費だと仮定して)、

ガソリンターボAWD:約714Lで10万2816円
ディーゼルAWD:約658Lで8万1592円

差額は2万1224円である。5年で10万6160円。この計算でいくと、エクリプス クロスの場合は、燃費と燃料代でディーゼルガソリンの価格差約30万円を取り戻そうとすると年間3万km走行するというヘビーユーザーに限られてしまうので、ディーゼルは純粋に「+140Nmの余裕ある走り」を選ぶということになるだろう。

燃料代で価格差を取り戻すのは難しいが380Nmと240Nmというトルクの差は歴然。高速道路や長距離ドライブでは圧倒的にディーゼルが優れているだろう。

 

モーターファン ロゴ

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

 

GO OUT WEB