過去を知り、現代をよく理解すると、未来が見えてくるような気になる。不確実すぎて、本当は未来に何が起きるかほぼ見えていないのかもしれないが、「未来の絵」を持っていることは、人類が歩む上で少なくとも足しにはなるだろう。

JBpressですべての写真や図表を見る

 食のあり方についても、未来がどうなるかは気になるところ。食は生活に深く根ざしているだけあって、その変化が私たちにもたらす影響も大きい。

 そうした中で、過去と現在から「食べること」の未来を描いてみるという試みを具現化した本が出版された。本書からは、食を巡る科学や技術はおおいに進むが、食を巡る人の身体や心はそう変わらないといった、科学技術と心身の乖離状況が見えてくる。

過去・現在から、未来の食を予想する

「食べること」の進化史』(光文社新書刊)は、分子調理学を専門とする宮城大学食産業学群教授の石川伸一氏が、10年後から200年以上先までを見据えて「食」の行く末を予想する一冊。分子調理学は一般的に、料理を分子レベルから科学研究する学問分野のことで、著者は「分子」に「科学的な視点」という意味が込められていると説く。

 過去と現在における私たち人間の食を巡る営みから、未来の食のあり方を考えるという視点に本書の特徴がある。食を巡る偉人の名言、研究者の実験成果、国際機関の調査結果などがてんこ盛りで、多くの知識を得ながら食の未来を思い描くことができる。

 本書で書かれていることに触れつつ、未来における食のあり方に考えをめぐらすと・・・。

未来の食材として「昆虫」が期待されているが・・・

 私たちホモ・サピエンスの祖先は「雑食」を選んだ。これにより、いろいろな食材を得られるようになり飢餓リスクが減った。反面「何を食べるか」と選ぶことも宿命づけられた。今後、食材の幅はどれだけ広がるだろうか。どんな材料が食材に加わるだろうか。

 まず、大きく現況を捉えると、世界の人びとの食習慣の「類似度」は高まっているらしい。つまり、小麦、米、トウモロコシ、砂糖、搾油作物、動物性食品などからエネルギー摂取が増えているのだ。だが、その一方で、食習慣の類似度が高まるということは、その食材が使われてこなかった地域で新たにその食材が使われることを意味する。よって、食の多様化も進んでいるという。

 つまり、大きく見れば食は均質化しているが、個々で見れば食は多様化しているわけだ。

 こうした状況の中、今後、人類にとっての新たな日常的食材は生まれるだろうか。本書で取り上げているのが「昆虫」だ。資源として得る上で効率性が高く、栄養面でも高タンパク。2013年には、国連食糧農業機関(FAO)が、動物性タンパク質の代替食品として推奨した。海外ではレシピ本も出始めたという。

 では、昆虫がいまより数段、ヒトが頼りにする食材になる日はくるだろうか。その必要性があるかが大きな鍵となりそうだが、筆者(私)にはやや疑念がある。

成長の限界』を共著書にもつヨルゲン・ランダースの予測では、食糧生産量の増加により、少なくとも2052年までは食糧は十分あるという。また、本書では直接的に触れていないが、ゲノム編集技術の台頭で、ヒトがよく食べてきた食肉や魚類などの個体を大きくすることは可能となろう。昆虫食が必要に迫られる状況は限定的ではないか。

 著者も「未来の食材としてある程度生産・消費されるには、何らかの仕掛けが必要」と述べている。

3Dフードプリンターと個人データで「個別化食」が進みそう

 人類史の過去における調理器具といえば、火を用いて加熱するための鍋などの道具が挙げられる。エネルギー摂取の効率性を高めた点で貢献してきた。調理器具にはどのような進歩があるだろうか。テクノロジーの進み方には、突然変異的な要素も多分に含まれるため予想は難しいだろうが、それでも著者はテクノロジーの現況から敷衍(ふえん)して、未来の調理器具を描く。

 本書で大きく取り上げているのが、「3Dフードプリンター」だ。インクカートリッジにタンパク質や脂肪などをセットし、3次元に“プリンアウト”することで「誰でもどこでも作ることができる」。単独で使うのではなく、利用者の健康状態や嗜好などの個人データと組み合わせれば、3Dフードプリンターの技術を中心に、個人に最適な食をもたらす「個別化食」への潮流も強まってこよう。

 より筆者(私)が興味を持ったのが「録食」の実現化についてだ。録音や録画するように、録食する。料理の見た目、味や香りの成分、構造などの情報を「料理スキャナー」で取り込んだり、人間による調理をロボットマシンが再現できるようになれば、レシピよりも詳細に料理を後世に遺すことができる。

 すでに英国で「モリー」という自動調理キッチン(ロボット)が開発されている。録食が普及するかどうかも、社会がどこまでそれを必要とするかによるだろう。技術的には遠い未来の話ではない。

「趣味ダイエット、特技リバウンド」の現代人

 食と健康の関係性は強い。食の個別化が進んだ未来社会では、個人の健康状態などのデータ人工知能(AI)を活用し、その個人にとっての理想的な食が得られるようになるかもしれない。これは、一歩先に個別化が進もうとしている医療の今後のあり方とよく似ているように思える。

 一方で、私たちヒトの体の進化は、技術の進化とは比べようもないくらい遅い。過去の飢餓の時代に機能していた体重を維持する仕組みは、現代の飽食全盛の時代において多くの人びとには無用の長物となってしまった。現代人を「趣味ダイエット、特技リバウンド」と著者は表現する。言い得て妙だ。

 これからの人類も、現代の課題である肥満を抱えていくことだろう。この課題に対しても、人間の意識を先回りする「見えない医者」や「見えない管理栄養士」が私たちの健康維持をサポートすると著者は期待を寄せている。

 栄養補給という点では、人間に必要な栄養素をすべて配合した合成食品「完全食」が世に出始めた。米国Rosa Labsの「ソイレント」、日本企業コンプの「COMP」などだ。従来からあるサプリメントは文字どおり日常の食事では不足しがちな栄養成分を「補助」する食品だが、完全食となれば機能的には日常の食事に取って代わるものになりうる。

技術は進むが、人間の心は・・・

 こうして食を巡る未来の状況を見ていくと、科学が裏打ちし、技術が用意したプロトコルに従って人間が食生活を送りさえすれば、食への思考を放棄しても生きていけそうな感もしてくる。でも、そうだろうか。筆者(私)にはそう思えないし、著者もそうは考えていまい。

 たとえ、食の完全管理化が可能になったとしても、その食によって人間の心がすべて満たされることは決してないだろう。食は「生きるためのもの」にとどまらないからだ。

 筆者(私)もそうだが「食べるために生きている」人間も多くいる。また、著者も本書で重要な指摘をしているとおり、食は「人となり」を作るし(逆に人が「食となり」を作るともいう)、食は「人と社会とをつないでいる」ものでもある。

 技術の進歩により、人間がより人間らしく生きるようになる時代がやってくるとよくいわれる。その「人間らしく」のなかに「食べる」という行為は入っている。食を巡る科学や技術はこれまでより加速しようとも、食べることに対する人間の心は過去から現在にかけてと比べて、さほど変わらないのではないか。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  生卵と半熟卵と固ゆで卵、消化がよいのはどれ?

[関連記事]

昆虫よりもウニのほうがヒトに近い生物である理由

生活習慣病の予防にも、いま見直されるミカンの実力

食を巡る技術も進歩を遂げている。食のあり方は今後どうなっていくだろうか。