SNOW Japan株式会社6月14日カリスマ美容家として活躍中のIKKO氏監修のメイクアップスタンプをARカメラアプリSNOW」にてリリースいたしました。

顔認識技術を用い、カメラアプリSNOWで写した人の顔に自動でIKKOメイクアップが施されます。
半年以上の改発を経て、IKKO氏こだわりの肌の透明感や明るさを表現しました。日本人女性の美しさを最大限に引き出した3種類のメイクアップは、シーンや服装に合わせて幅広く利用していただけます。

メイクアップ詳細

PEACHナチュラルで肌にピュアな透明感が生まれるメイクアップ
PEPPERMINT GREEN:目元に輝きが宿る深いグリーンが特徴的なメイクアップ
PINK:トレンド最先端の青みピンクを用いた抜け感が楽しめるメイクアップ

また、アプリ内では今回のコラボレーションオリジナルキャッチフレーズ「どん肌~」のIKKO氏直筆の書や、録り下ろしのボイスもお楽しみいただけます。

■「どん肌」とは

IKKO氏おなじみで、2007年新語・流行語大賞にノミネートされた「どんだけ~!」の言葉にちなみ、今回のメイクアップスタンプで表現された、思わずさわりたくなる透明感溢れる肌を指した言葉。



■ご利用方法


メイクアップスタンプをお試しの際はこちら


https://snow.onelink.me/4056789859/17784a04

SNOWアプリに遷移します
※最新バージョンアップデートしてご利用ください


■IKKOプロフィール

生年月日:1962年1月20日
血液型:A型
出身地:福岡県田川郡福智町
高級美容室の「髪結処サワイイ」で8 年間修業の後、ヘアメイクアップ アーティストを目指して独立。数々の雑誌の表紙をはじめ、テレビCM、舞台等のヘアメイクを通してIKKO 流「女優メイク」を確立し、絶大な信頼を獲得。幼少期から抱えていたコンプレックスを乗り越える事により、生き方学を身につけ、世間から多大なる共感を得る。現在は、美容家として活躍する傍ら、そのセンスを活かして振袖をはじめ、様々な商品開発、執筆や講演、音楽活動などにとどまらず、プロデューサーとしても活躍の場を広げている。2008年 女性誌マリ・クレール ジャポン、初の人物賞として『プラネットミューズ賞』を受賞。さらに、韓国観光名誉広報大使に任命され「2009年ソウル観光大賞」をはじめ、数々の賞を韓国で受賞するなど、活躍の場は海外にまで広がっている。近年では、書道を本格的にはじめ、毎日書道展など数々の展覧会で入選。

■ARカメラアプリSNOW」について
全世界で3億人以上が使用する、ARカメラアプリSNOW」は豊富な顔認識スタンプを使って動物に変身したり、様々なフィルターを使って日常をオシャレに加工できます。2019年5月現在、国内5,000万人以上が利用しています。

※記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

■本件に関する報道関係者からのお問合せ先
SNOW Japan株式会社 広報担当
メールアドレス:dl_businessjp@snowcorp.com
公式ウェブサイトhttps://snowcorp.com/ja/

配信元企業:SNOW Japan株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ