霜降り明星のせいやが13日、都内で行われた漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2019』(ABCテレビテレビ朝日系列)の開催会見に出席。イベント中、週刊誌などで報道された壇蜜との交際報道を聞かれたが、「つきあっているわけないでしょう!」とこれを全力で否定した。

 せいやは壇蜜について、司会の陣内智則から問われると思わず苦笑い。「つきあっているわけないでしょう!」とこれを否定。「たまたま三茶の商店街歩いていたら路地に男の人が倒れていて、大丈夫ですかって寄っていったら、同じように別の女性も寄ってきたんです。顔を見たら、それが壇蜜さんだったんです」とせいや。壇蜜と居合わせたのは偶然だったと説明したが、陣内はこのせいやの話に半信半疑。「今までなら絶対ないやろって感じの組み合わせやけど、山里(亮太)の件があるからな」とニヤニヤ。

 会見には、同大会の前回覇者・霜降り明星のほか、ミキ、見取り図、ゆにばーす、トム・ブラウンアインシュタインからし蓮根、たくろう、東京ホテイソン、EXITも出席。優勝賞金一千万円のかかった同大会は、今年も8月に予選が始まり、12月に決勝が行われる。この日は昨年の「ベストアマチュア賞」の表彰も行われ、「漫画家」が表彰された。

 霜降り明星は、今年の出場については乗り気でない様子。せいやは「これはまあ難しいです。優勝した後やし……」と出場について話したが、相方の粗品がすかさず割って入り、「壇蜜さんとトリオでやるなら」とニヤけてウケを取った。霜降り明星の二人はまた、陣内から「忙しいやろ?ギャラは上がったん?」との質問も受けたが、せいやは「ギャラは……。いやらしい話、全然です」と上がっていないとのこと。「なんかわからないですけど、泉谷しげるさんにここからが大事だぞって言われました」と優勝後の周囲からの反応なども紹介していた。

霜降り明星・せいや、粗品