九州の福岡を拠点に活動しているアイドルグループLinQ』の“あーみん”こと姫崎愛未(19)が13日、東京・渋谷区の全労済ホール/スペースゼロで、『舞台 死神姫の再婚~旦那様、お買い上げありがとうございます!~』初日公演前の公開ゲネプロを俳優・太田基裕(26)、『新選組リアン』の関義哉(23)、俳優・阿部直生(23)、高木万平(27)、グラビアアイドルの滝川綾(26)らとともに行った。

 累計55万部以上を発行する少女向け人気ライトノベル『死神姫の再婚』(小野上明夜・著、エンターブレイン社刊)を、プロデュースユニットDrama Project Decca』の穴吹一朗氏が脚本・演出を務め、舞台化。九州発のアイドルグループでありながら、東京でもたびたびライブを開催し、人気を全国区に拡大中の『LinQ』の中心メンバーであるあーみんは、舞台初出演でありながら初主演の大役だ。

 あーみんが演じるのは、“アズベルクの暴君”と呼ばれる成り上がり貴族のカシュヴァーン・ライセン(太田)の妻となったアリシアフェイトリン。ゲネではメガネを掛け、金髪のウィッグを着けて、どこか間の抜けた“死神姫”を演じていたが、「貴族らしくないというか、けっこう天然で、悪い意味で空気が読めない子。でも、そこに周りが惹かれていくんです」と、役柄について説明した。

 滝川扮するライセン家のメイド、ノーラ・テルペスとアリシアの絡みはまさに秀逸。カシュヴァーンの結婚相手となったアリシアに対し、カシュヴァーンの“自称愛人”ノーラは嫉妬するが、アリシアはそんな空気にまったく気づかない。これについては、あーみんも「ノーラはアリシアのことが好きじゃない。だけど、アリシアは空気も読まないし、鈍感で天然なので、ノーラのことが好きになっていくんです」と、自信を持ってアピールした。
[画像]

 「そんなアリシアと自分は似ている?」と質問をぶつけてみると、あーみんは「どうなんでしょうね~。背格好は凄く似ているけど、天然でもないし、空気もそんな読まないタイプじゃないので」としつつも、「アリシアってホラー好きの趣味があって、私はホラー好きじゃないけど、けっこう平気なほうなので。そういうところは似てるのかな」と、共感できる部分もあったよう。

 舞台初出演にして初主演ということについては、「演技を習ったこともなければ、どう動いていいか、どうしゃべったらいいかさえわからなくて。稽古も1週間ぐらい遅れて参加して、最初は凄い迷いました。セリフを覚えるのに必死でした」と、苦労を明かす。
 だが、「個人的に凄く楽しい。怒られても、ダメ出しされても、自分のためになるので。脚本も穴吹さんなので、凄く面白くなっています。原作もなぞっているけど、穴吹さんオリジナルの演出が加わっているので、コメディーの色が強い」と、穴吹氏には全幅の信頼を寄せており、「約2週間の稽古で、穴吹さんが求めるアリシアだったり、自分がこうしたらアリシアらしいとか、周りのキャストさんがアドバイスをくださった」と、共演者とともに成長したようだ。

 『LinQメンバーは福岡を活動拠点としているため、今回は観劇に来れないそうだが、「頑張ってね」「観に行きたかった」など激励の言葉をもらったという。そんなメンバーの思いも込めて、あーみんは「姫崎愛未としてでもあるけど、『LinQ』としてでもある。メンバーを代表して私が爪あとを残して、次も出ませんか?とお話が来るぐらい頑張らないといけない」と、本番を前に意気込んだ。

 稽古期間は福岡・東京間を飛行機で移動するハードスケジュールだったが、「東京でお泊りして稽古に参加して、九州のラジオレギュラー番組に出るため、日帰りだったり。でも、東京でお仕事するためなので苦じゃなかったです」と、頼もしい発言。普段のライブと舞台の違いについては、「ライブは自分で踊るし、笑顔や元気を届けるけど、舞台って場面によって伝えたいことが全然違う。ライブとは全然違う難しさがありますね」と、コメントした。

 13日から17日まで、全労済ホール/スペースゼロにて上演。
[画像]

 

 

舞台初主演の姫崎