フジテレビノイタミナ”初のBLコミック原作アニメとして注目を集める、青春バンドストーリーギヴン」。7月11日(木)からの放送開始が決定し、合わせて、最新キービジュアルと最新PV、主題歌情報が公開。また、追加キャストとして浅沼晋太郎、今井文也の出演が発表された。

【写真を見る】新たなイケメンキャラクターも公開。こちらは浅沼晋太郎が演じる村田雨月

■ 注目シーン満載の新PV

ギヴン」は、「シュリプラス」(新書館)にて連載中のキヅナツキによるBLコミックを原作にした青春バンドストーリー

日々の惰性から大好きだったギターへの情熱を失いかけていた上ノ山立夏(CV:内田雄馬)は、ある日、偶然聴いた佐藤真冬(CV:矢野奨吾)の歌声に衝撃を受ける。真冬の歌声に突き動かされた立夏は、彼を自分のバンドへと誘うが、感情表現が苦手だという真冬は、過去のある出来事にとらわれていて――。

立夏と真冬の出会いから始まる最新PVでは、オープニング主題歌「キヅアト」と共に、注目のバンド演奏シーンも登場。ギターのリフやドラミングが響き渡る、音楽シーンにも期待が高まるPVとなっている。

「キヅアト」を奏でるのは、作詞、作曲、編曲、歌唱、ピアノギタープログラミングの全てを1人で行う温詞(あつし)のソロプロジェクトセンチミリメンタル

今回のPV公開に際し、センチミリメンタルより「『ギヴン』という作品との出会いに運命的なものを感じています。真冬くんの痛みに、この作品に触れる全ての人の痛みに寄り添えたら、と願っています」とコメントが寄せられた。

なお、エンディング主題歌は作中バンドギヴンが歌う「まるつけ」となることも発表。こちらのサウンド公開も待ち遠しいところだ。

センチミリメンタル「この出会いに運命的なものを」

思い出すたびに胸が締め付けられるような、傷痕みたいな思い出をくれた人がいます。

でもその傷痕をみて、その人と過ごした宝物みたいな日々が確かにあったということに気付けるんだと何度も言い聞かせて、歌にして、悲しい日々を乗り越えてきました。

ギヴン」という作品は、出会いと別れに付随する痛みや葛藤という、センチミリメンタルの柱となるテーマと大きく重なる作品であり、僕はこの出会いに運命的なものを感じています。

真冬くんの痛みに、この作品に触れる全ての人の痛みに寄り添えたら、と願っています。

センチミリメンタルより〉

浅沼晋太郎、今井文也が演じるWイケメン

アニメギヴン」のメインキャストには、上ノ山立夏役の内田雄馬、佐藤真冬役の矢野奨吾のほか、バンドメンバーの中山春樹役に中澤まさとも、梶秋彦役に江口拓也が就くことが既に発表されているが、今回は新たに、秋彦の高校時代からの同級生・村田雨月役を浅沼晋太郎、真冬の過去を知るらしい鹿島柊役を今井文也が演じることが明らかになった。

■ 村田雨月(CV:浅沼晋太郎)

大学生。国際的に活躍する天才ヴァイリニスト。ドラマーの秋彦とは高校時代からの同級生

■ 鹿島柊(CV:今井文也)

高校生。真冬と、真冬の抱えるギターについて何かを知っているらしい。(ザテレビジョン

7月11日(木)スタートが決定した「ギヴン」。最新キービジュアルでは、練習中の真冬、立夏、春樹、秋彦のリラックスした姿が描かれている