株式会社NHKエンタープライズ、ぴあ株式会社は、国内最大級のジャズフェスティバル「第18回東京JAZZ」の関連イベントとして2回目となるライブイベントTokyo Jazz X 2」を共同で主催します。2019年8月31日(土)~9月1日(日)の2日間、渋谷のライブハウスWWW & WWW Xにて開催される「Tokyo Jazz X 2」は、文化発信拠点・渋谷ならではのJAZZショーケースイベントです。ジャンルを飛び越え、最先端のサウンドを鳴らすアーティストが渋谷に一挙集結します。今回、8月31日(土)のキュレーター・fox capture plan、9月1日(日)のキュレーター・mabanuaが選んだ6組の出演が決まりました。

8月31日(土)のテーマは “X-Planation(エクスプラネーション)”。ヘッドライナーは、キュレーターでもあるfox capture plan(以下、fcp)。京都を拠点に海外からも評価の高いjizueは、2年連続の登場。fcpとは親交が深く、旧知のバンドです。野村卓史・伊藤大地によるインストゥルメンタル・デュオ、グッドラックヘイワが初登場、2人は先日USツアーを成功させた細野晴臣バンドメンバーでもあります。fcpが認めた実力派が集まり、新しいJAZZの解釈(エクスプラネーション)を提案します。

9月1日(日)のテーマは “X-Overクロスオーバー)”。ヘッドライナーは、キュレーター・mabanuaが在籍するOvall。Tokyo Jazz Xには2年連続の登場。神保彰、和泉宏隆、鳥山雄司という日本フュージョン界のトップアーティスト3人によるPYRAMIDが、ソウルの実力派歌姫・Hanah Springを迎えたスペシャルバンド・PYRAMID×Hanah Spring。そして、2017年グラミー賞にノミネートされた、初の日本人アーティストstarRo。ジャンルクロスオーバーした、多彩な個性派3組の出演が決まりました。

  • Tokyo Jazz X 2 キュレーター紹介
fox capture plan
岸本亮(Piano)、カワイヒデヒロ(Bass)、井上司(Drums
“現代版ジャズ・ロック”をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノトリオサウンドを目指す3人が集まり2011年結成。過去7枚のフル・アルバムを発表し“CDショップ大賞ジャズ部門賞”など数々の賞を獲得。“FUJI ROCK FESTIVAL’16”、“SUMMER SONIC 2017”出演、“東京JAZZ”は三年連続出演。更には2018年ブルーノート東京単独公演を果たす。TBSカルテット”、フジテレビ系月9 “コンフィデンスマンJP” 関西テレビ健康で文化的な最低限度の生活”などドラマ劇伴を担当している。
www.foxcaptureplan.com/
【キュレーターからのメッセージ
2019年Tokyo Jazz X 8/31のキュレーションを担当する事になりましたfox capture planです。
ジャズミュージシャンヒップホップポストロックなどを取り込んだ音楽がメインストリームで支持される昨今ですが、今回は X-Planation(解釈)をテーマとして、より幅広く、また、来た人達の見る角度によって何パターンもの感じ方、解釈ができるような新しいジャズフェスの形を提案出来ればと思っています。是非楽しんで下さい。Piano 岸本亮(fox capture plan)

mabanua
日本人ドラマープロデューサーシンガーブラックミュージックフィルターを通しながらもジャンルに捉われないアプローチで全ての楽器を自ら演奏し、国内外のアーティストコラボして作り上げたアルバムが世界各国で話題に。また、プロデューサーとして100曲以上の楽曲を手がけ、多数のCM楽曲や映画、ドラマアニメの劇伴も担当。またToro y Moi、Chet Faker、Madlib、Thundercatなど海外アーティストとも多数共演。さらに、Shingo Suzuki、関口シンゴとのバンドOvall” としても活動し、大型フェスの常連となる。mabanua.com/
【キュレーターからのメッセージ
今回光栄にもTokyo Jazz X 2の貴重なステージの1つを任せて頂くことになりました。
年齢キャリアに関係なくゆかりのあるアーティストを迎えて最高な一夜にしようと考えています。昨年に引き続きOvallとしての新しいステージも楽しみにして頂きつつ、このTokyo Jazz X 2でしか味わえない瞬間を心に残してもらえたら嬉しいです。
mabanua
fox capture plan
fox capture plan
岸本亮(Piano)、カワイヒデヒロ(Bass)、井上司(Drums
“現代版ジャズ・ロック”をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノトリオサウンドを目指す3人が集まり2011年結成。過去7枚のフル・アルバムを発表し“CDショップ大賞ジャズ部門賞”など数々の賞を獲得。“FUJI ROCK FESTIVAL’16”、“SUMMER SONIC 2017”出演、“東京JAZZ”は三年連続出演。更には2018年ブルーノート東京単独公演を果たす。TBSカルテット”、フジテレビ系月9 “コンフィデンスマンJP” 関西テレビ健康で文化的な最低限度の生活”などドラマ劇伴を担当している。
www.foxcaptureplan.com/
jizue
jizue
片木希依(Piano)、井上典政(Guitar)、山田剛(Bass)、粉川心(Drums)
2006年、井上典政、山田剛 、粉川心を中心に結成。翌年、片木希依が加入。これまで6枚のフルアルバムを発表し、どれもがロングセラーを記録。ロックや、ハードコアに影響を受けた魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、地元京都を中心に人気を高め、FUJI ROCK FESTIVALGREENROOM FESTIVALといった大型フェスにも出演。海外にも進出し、圧倒的な演奏力で高い評価を得ている。2017年、「grassroots」でメジャーデビュー2019年7月、コンセプトアルバムgallery」リリース。  www.jizue.com/
グッドラックヘイワ
グッドラックヘイワ
野村卓史(Keyboard)、伊藤大地(Drums, 口笛)
2004 年、高校時代の同級生である野村卓史と伊藤大地によって結成されたジャンルレスなインストゥルメンタル・デュオ。コンパクトな編成ながら、爆発的なグルーヴで疾走するライブパフォーマンスは高く評価され、国内外のフェスティバルにも多く出演。現在までにアルバム4タイトルの他、シングルや限定盤をリリース2009年活動を休止、2013年末に活動再開。ふたりの音楽活動は多岐にわたるなか、野村卓史は映画音楽CM音楽を制作(映画「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」「サバイバルファミリー」「ダンスウィズミー(2019年夏公開)」等)、伊藤大地は細野晴臣奥田民生、岸田繁、星野源等のレコーディングライブサポート活動を数多く行う。
goodluckheiwa.galactic-label.jp/
Ovall
Ovall
Shingo SuzukiBass)、mabanua(Drums)、関口シンゴ(Guitar
2010年1stアルバムDON’T CARE WHO KNOWS THATリリース。また、FUJI ROCK FESTIVALSUMMER SONICなど大型フェスへ出演、話題のバンドとしてシーンに浮上。しかし、メンバーのソロ活動やプロデューサーとしての活動も急増、多忙を極めた3人はOvallの活動休止を宣言。2017年ファンアーティストから復活の要望が絶えず再始動、約4年振りの復活ワンマンライブは即完。2018年、FUJI ROCK、RISING SUNといったフェスに多数出演。また、映画「ハード・コア」等の劇伴にも参加。メンバー個々の活動もより活発化する中、お互いのスキルを持ち寄るかたちで“Ovall”という個体は日々スケールアップしながら回り続ける。
ovall.net/
PYRAMID
PYRAMID×Hanah Spring
Hanah Spring(Vocal)、神保彰Drums)、和泉宏隆(Piano)、鳥山雄司(Guitar
鳥山雄司、神保彰、和泉宏隆という日本フュージョン界のトップアーティスト3人によるPYRAMIDが、4thアルバム「PYRAMID4」に葉加瀬太郎、mabanuaとともに参加した、ソウルの実力派歌姫・Hanah Springをヴォーカリストに迎えたスペシャルバンド
paw.hats.jp/artist/?id=9
Hanah Spring
Hanah Spring
ジャズギタリストの父、ジャズシンガーの母との間に生まれ、ジャズスタンダードナンバーやJackson 5などを歌って踊って育つ。類まれなヴォーカルパフォーマンスリアルな女心を綴ったソング・ライティングは最大の武器であり、新たなシーンJazz ‘n Soul」を創造する最注目アーティスト
www.hanahsp.com/

神保彰
1980年CASIOPEAでプロデビュー以来、40年近くの長きにわたって常に音楽シーンの最先端を走り続けるトップドラマー2007年Newsweek誌の特集「世界が尊敬する日本人100人」に選出される。メロディアンサンブルを1人でたたき出すワンマンオーケストラというスタイルは唯一無二。
http://akira-jimbo.uh-oh.jp

和泉宏隆
1982年The Square(現T-Square)に参加。キーボード、作曲、編曲を担当、バンド黄金期メンバーの1人として、‘98年の退団までに30枚以上のアルバム制作に関わる。ソロ活動の他、数多くのアーティストサウンドトラック(TV、ゲーム等)への作品提供、アレンジプロデュースなども手掛ける。
https://mistyfountain.com

鳥山雄司
ギタリスト、音楽プロデューサー1996年TBS系世界遺産」にテーマ曲「The Song of Life」を提供、自身の代表曲となる。アレンジャープロデューサーとして松田聖子吉田拓郎葉加瀬太郎CHARA等、数多くのアーティストを手掛ける一方、アニメ・映画等のサウンドトラックも担当。
http://www.toriyamayuji.com
starRo
starRo
LA拠点の日本人プロデューサー2013年Janet Jacksonリミックスが話題になり、世界注目されるレーベルSOULECTIONと契約。300万再生回数を記録したFrank OceanリミックスDisclosure Remixなどのリミックスワークにとどまらず、多岐にわたる制作スタイルで活躍し、Giles Petersonがヘビーローテーションするなど、USにとどまらず、UK・ヨーロッパでも高い評価を受けている。2017年、第59回グラミー賞「最優秀リミックスレコーディング部門」に日本人として初めてノミネート。2018年Anderson .Paakとの欧州ツアーなど、ライブ活動を展開。
www.toysfactory.co.jp/artist/starro

配信元企業:ぴあ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ