独身男性の8割「子どもが生まれたら育休取得したい」

パートナーエージェントは6月14日「理想の父親」に関する調査結果を発表した。調査は今年5月にネット上で実施し、20~49歳の独身男性2400人から回答を得た。

「自分の父親がこんな人だったらいいな」と思う理想の芸能人を聞くと、上位3位は「所ジョージ」(479票)、「タモリ」(267票)、「関根勤」(251票)。「こんな父親になりたい」と思う芸能人は「つるの剛士」(219票)、「反町隆史」(201票)、「山口智充」(165票)となった。

実際、自分の父のような父親になりたいと回答した人は22.6%で、そう思わない(32.1%)を下回った。ほかには「どちらとも言えない」が24.1%、「子どもを持ちたいと思わない」が21.3%となった。

自分の父親の印象、4割が「特にない」 ネガティブなものは「家のことは母任せ」が最多

自分の父親がどのような人かを聞くと、最も多かったのは「特にない」(41.4%)。以降、「自分なりに家族を大切にしていた」(27%)、「いろいろなところに連れて行ってくれた」(19.6%)、「スポーツゲームなど一緒に趣味を楽しんだ」(11.6%)、「話をよく聞いてくれた」(10.9%)、「ここぞというときに相談に乗ってくれた」(10.6%)と続く。

父親のネガティブな側面も「特にない」(32.4%)が最多だが、以降、「家の中のことは母親まかせだった」(25.2%)、「仕事でほとんど家にいなかった」(16.9%)、「相談しづらい雰囲気だった」(15.4%)、「いつも寡黙であまり喋らなかった」(12.2%)などが続いた。

将来的に結婚して子どもを持ちたいと考えている20~40代独身男性400人に、自分が父親になったら子どもとどんな風に関わり合いたいかを聞いた。最も多かったのは「話をよく聞いてあげたい」(64.3%)。

次いで、「ここぞというときに相談に乗ってあげたい」(45%)、「いろいろなところに連れて行ってあげたい」(44.3%)、「自分なりに家族を大切にしたい」(39.5%)、「スポーツゲームなど趣味を一緒に楽しみたい」(36.5%)と続く。

約6割が「取りづらい雰囲気があれば育休は諦めると思う」

子どもが生まれたら育休をとりたいという人は78.1%。どちらとも言えないという人が16%で、取りたくないは6%となった。育休について、「積極的に育休を取って、男性の育休も当たり前な世の中にしていきたい」が60.8%なのに対し、「男性が育休を取る必要はないと思う」は21.3%となった。

実際に育休を取得するかについては、「妻の希望に合わせて考えたい」(62%)、「周囲の取得状況に合わせて考えたい」(63.3%)が多かった。

また、約半数が「取りづらい雰囲気があれば育休は諦めると思う」(55.1%)、「上司に交渉してまで育休を取りたいとは思わない」(46.5%)と答えている。育休取得したくても、実際には妻の希望や社内の状況を鑑みて、上司への交渉など、積極的な行動はできれば避けたいようだ。