1か月予報(6/15~7/14)発表 向こう1か月は低温傾向

画像

気象庁から13日(木)、1か月予報が発表されました。東・西日本では、寒気の影響により、向こう1か月の気温は低く、西日本では期間の前半は、かなり低い所があるでしょう。北日本と東・西日本日本海側では、前線の影響を受けにくく、向こう1か月の日照時間は平年並みか多くなりそうです。沖縄・奄美では、前線や湿った空気の影響を受けやすく、向こう1か月の降水量は多く、日照時間は少なくなる見込みです。西日本では、期間のはじめは少雨の状態が続く所があるでしょう。

■週別の予報
・1週目(6/15~6/21)
北・東日本では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。西日本では、前線の影響を受けにくく、平年に比べ曇りや雨の日が少なくなりそうです。沖縄・奄美では、前線や湿った気流の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多い見込みです。

・2週目(6/22~6/28)
東・西日本太平洋側では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。北日本と東・西日本日本海側では、前線の影響を受けにくく、平年に比べ曇りや雨の日が少なくなりそうです。沖縄・奄美では、前線や湿った気流の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨の日が多くなる予想です。

・3~4週目(6/29~7/12)
北・東・西日本では、平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。沖縄・奄美では、平年と同様に晴れの日が多くなりそうです。

東~西日本では寒気が流れ込みやすく、気温の低い日が多くなりそうです。特に、近畿・中国・四国では「低温に関する異常天候早期警戒情報」が発表されており、6/18(火)からの1週間は平年に比べ気温がかなり低くなると予想されています。日によって気温差が大きくなりそうですので、体調管理には十分気を付けてください。

沖縄・奄美では前線の活動が活発になりやすく、降水量が平年より多くなる見込みです。土壌中の水分量が多くなり、土砂災害などの危険性が高まりやすくなるため、大雨の際は、最新の気象情報をこまめに確認し、早め早めの対応を行うようにしてください。

1か月予報(6/15~7/14)発表 向こう1か月は低温傾向