現金って、お財布に入れているといつの間にか消えている事がありますよね?ちょっと立ち寄ったコンビニで、ついお菓子や雑誌を買ったり、自販機で飲み物などを買ったり……。この「ちょっとした散財」がかさむと、給料日前に悲惨なことになりがちですが、毎日使う分だけカレンダー状のものに付けておくという方法がネット上で話題になりました。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 「稼いだら稼いだ分使ってしまって給料日前お金がないって嘆いてしまうのでログインボーナス制度を導入した 天才かもしれん」と、カレンダー型のホワイトボードの1日のマスに1000円札をマグネットで付けている様子を写真に撮ってツイッターに投稿したのは、ネットユーザーゆっけさん。ちなみに、ログインボーナスとは、オンラインゲームなどでよく用いられる「ゲームログインするだけで何かしらの報酬をもらえる」という仕組み。

 平日の部分には1000円札、土曜日のどこか1日だけに1万円札がマグネットで付けられています。何故か右端の余白部分には小銭までマグネットで固定されています。平日は食費のみで済ませ、飲み会など、あらかじめ出費の予定がある時は出費額分をボードに付けておけば、飲み会の時にも困らないというところですね。

 これを見た人たちからは、「天才!」「マネします!」といった声が続出。どこかで見た事がある、という声も一部で上がっていましたが、ゆっけさんも、以前ネット上で見かけたとのことで、この方法を参考にして導入したのだそう。

 使われているホワイトボードは、ダイソーで400円で販売されているマグネット対応タイプカレンダーホワイトボードホワイトボードマグネットを使用していますが、服薬サポート用のポケット付きカレンダーでも同様にお金を入れる事ができるので、お財布にお金があると散財がやめられない人にはこの方法は効果的かもしれません。ゲーセンに行くと、いつの間にか万札を両替機に突っ込んで数千円溶かしてしまう……という人にも効果がありそうです。

 ちなみにゆっけさんの給料日は月初めとの事で、お給料が入ったら1か月分をボードに貼っていくとの事。朝起きたら1000円札が待っている、と思うと、ちょっと安心して1日を送れそうな気がしますね。でも、くれぐれも、「明日の分前借りしちゃお~」なんて事して、意味がなくなってしまわないようにご注意を。

<記事化協力>
ゆっけさん(@mq6__)

(梓川みいな)

日々のお金を「ログインボーナス制度」で管理する方法が天才的