ファストフードチェーン店「KFC」のフライドチキンに目がないという20代の女性は、大学の卒業式ボーイフレンドから花束ならぬ“フライドチキンのブーケ”をプレゼントされた。竹串に刺され綺麗にラッピングされたフライドチキンを抱えて微笑む女性の姿に、世間からは驚きの声があがっている。

シドニー在住でインテリアデザインを学ぶ女子大生ルーシーチャオさん(22歳)は、KFCフライドチキンが大好きだ。2年前に知り合ったボーイフレンドガブリエル・ユーさん(27歳)も自らを“フライドチキン中毒”と呼ぶほどのファンで、2人はほとんど毎晩のようにKFCに足を運んでいた。

6月初め、大学の卒業を控えたルーシーさんは「晴れの日を何か特別な形でお祝いしたい」とガブリエルさんに相談したのだが、彼の発想はルーシーさんをあっと言わせるものだった。ガブリエルさんが提案したのは“フライドチキンのブーケ”を作るというもので、ルーシーさんはその斬新なアイデアに喜び、二つ返事でOKを出した。

ルーシーさんはチキンブーケについて、次のように明かしている。

ガブリエルアイデアは、なんてクリエイティブで素敵なんだろうって思ったわ。私たちはKFCフライドチキンに目がないの。おかげで付き合い始めてから2人ともずいぶん体重が増えてしまったけど、愛するがゆえの脂肪よ。」

卒業式当日、ガブリエルKFCチキンウィングポップコーンチキンを買って竹串に刺し、それをフラワーショップに持って行ってきれいにラッピングをして私に手渡してくれたの。竹串が花茎のようでしょう。」

「ブーケを見た私の友達は驚いて『花束ではなくチキンに見えるけど、それは何?』って聞いてきたわ。だから『そうよ。チキンよ!』と言って少しばかり分けてあげたの。笑える話よね。みんなとても喜んでくれたわ。」

声を弾ませながら語るルーシーさんは、愛する人からもらった“チキンフラワー”を心の底から楽しんだ様子で、次のイベントKFCではなくマクドナルドチキンゲットを使ってブーケを作ることを考えているそうだ。これからはマクドナルドに通うことになるのだろうか…。いずれにしても当分ルーシーさんの体重が減ることはなさそうである。

ちなみに今年2月には、KFC好きが高じて、唇に「KFC」とタトゥーを彫ってしまった女性が話題となった。

画像は『news.com.au 2019年6月11日付「University student graduates with bouquet of KFC fried chicken instead of flowers」(Credit: Lucy Zhao/Caters NewsSource:Caters News Agency)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト