7勝目を目指す先発高橋光へ強力援護

■西武 – ヤクルト交流戦・14日・メットライフ

 西武が14日のヤクルト戦(メットライフ)で先発のブキャナンに5連打を浴びせ3点を先制した。

 先頭の秋山はセンターフライに倒れたが、2番・源田が一、二塁間を抜くライトヒットで出塁。外崎も続き1死一、二塁とチャンスを作り、4番・山川の叩きつけた打球に三塁手・大引が合わせられず打球はレフト前へ。これが先制のタイムリーとなった。森、中村も続きこの回5連打で幸先よく3点奪取。7勝目を狙う先発・高橋光に援護点をプレゼントした。

 先制タイムリーの山川は「打ったのはツーシームかと思います。初回に先制出来てよかったです。ラッキーです」と振り返った。(安藤かなみ / Kanami Ando)

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】