6回1死満塁での第3打席で右翼ポールスタンドに満塁弾

ソフトバンクDeNA交流戦・14日・ヤフオクドーム

 DeNAネフタリ・ソト内野手が4戦連発となるグランドスラムを放った。14日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。6回1死満塁で、ソフトバンクエース千賀を勝ち越しの満塁弾で沈めた。

 千賀とDeNA先発の今永の投げ合いとなったこの試合。ともにソロの1点のみに封じていた緊迫の展開をソトのバットが打ち破った。この回先頭の宮崎が左前安打、筒香が右前安打と連打で無死一、三塁とすると、続くロペスは死球。無死満塁となった。

 佐野は空振り三振に終わったものの、ここで打席に入ったのがソトだった。カウント1ストライクからの2球目。外角を狙った真っ直ぐが真ん中に入ったのを逃さなかった。快音を響かせた打球は敵地の悲鳴を切り裂き、ホークスファンが陣取る右翼ポールスタンドへ。19号満塁弾。DeNAが勝ち越しに成功し、4点をリードを奪った。(Full-Count編集部)

DeNAのネフタリ・ソト【写真:荒川祐史】