親子maroke/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

毎日のように報じられる、親による子供への虐待事件。6月には札幌市で2歳の女児が、母親と交際相手の男から虐待を受け死亡したことが明らかになり、衝撃が走った。

この事件では2人が子供に食事を与えず暴行を働き、その様子を見て笑っていたという。悲惨な虐待は頻発しており、「親は子を可愛がるもの」という前提が崩れている印象がある。

 

■親の罪を重くするべきだと思う?

頻発する虐待事件の「原因の1つ」に、「罪の軽さ」を指摘する声がある。子供は親を選べず、虐待する親から逃げることも極めて難しい。また、児童相談所が虐待を見抜けなかったケースも多い。それだけに、犯罪抑止として重い罪にするべきでは? というのだ。

しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,781名を対象に「虐待の罪の重さ」について聞いた調査では、じつに85.4%が「罪を重くするべきだと思う」と回答している。

虐待事件を起こした親に対する刑罰について「このままでダメ」と考えている人は、極めて多い。

 

■60代以上は厳しい意見

「罪を重くするべき」と答えた人を年代別で見ると、ある傾向が。

軒並み割合がかなり高いが、孫がいる人も多いであろう60代以上は91.5%が「罪を重くするべき」と考えているのだ。「様々な悩みを抱えながらも子育てをしてきた」自負があるだけに、虐待する親について憤りを持つのかも。

■「重くするべき」との声

「罪を重くするべき」と主張するのは60代女性のMさんだ。

「子供を作って産めば、当然育てるという義務が発生する。それを放棄するだけでも問題なのに、まるで『要らない』とばかりに暴力を加え、楽しんで殺す。こんな残酷なことがありますか?

 

小さい子供は親から逃げることもできないし、異常であることもわからない。出所後また子供を作る可能性もあるわけで、悲しみが繰り返されることも予想される。こんなことは許せません。最低でも無期懲役が妥当では」

 

■慎重論も

一方罪を重くするべきではないと話すのは、30代男性のIさん。

「罪ばかり重くしてしまうと、ますます少子化を招きそうな気がする。一連の虐待事件では児童相談所が問題を認識しながら親と子を引き離すことができず、凶行を許した印象がある。

 

虐待が疑われる場合、児童相談所や警察が強制的に保護をすることを認めたり、親の生活や育児をサポートするシステムを構築したりしたほうが、抑止に繋がると思う」

 

悲惨な虐待事件をこれ以上出さないために、有効かつ即効性のある対策が求められていることだけは間違いない。

・合わせて読みたい→野田市虐待、新たに発覚した「最悪の命令」に絶句 「人間のやることじゃない…」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17日2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,781名 (有効回答数)

頻発する親による子供の虐待事件 罪の重さに納得しているか聞くと結果はやっぱり…