6月7日ユニクロTシャツブランド「UT」と現代アーティストである「KAWS(カウズ)」のコラボTシャツが発売された。ユニクロ銀座店にはオープン前から長蛇の列ができ、中国の店舗では客同士の殴り合いが起きるほど大混乱。ユニクロとKAWSの協業は2016年から続く人気シリーズなのだが、今回の熱狂はかつてない規模である。



 その理由はカウズ自身のインスタグラムにあるようだ。「ユニクロ(UT)とのコラボは最後になる」。このコメントによりプレミアム感が上昇。飢餓感を煽られたファンや転売目的のゲストが押し寄せたとされている。

@UNIQLO.UT @UNIQLO #UTxKAWS #KAWS

@



 実際、定価は1500円(税別)だが、国内外のネットオークションでは10倍以上の価格で出品されているモデルも。とはいえ、ここまでのムーブメントを起こすアーティスト、KAWSとは一体何者なのだろうか?

ユニクロとのコラボしたKAWSって何者?

 1974年ニュージャージー州でKAWSは生まれた。1996年現代アートに強いニューヨークの美術学校、School of Visual Artsを卒業。その後、フリーランスアニメーターに。ディズニー傘下の制作会社でも働き、アニメシリーズ101匹わんちゃん」に携わったとか。

 そして、ほぼ同時期にグラフィティアーティストとしての活動を開始。壁や列車、ビルボード(街頭広告)などに、いわゆる“落書き”をしていったのだ。しかも、自身のサイン入りで。描いた絵の多くが、目を×で表現したポップさ溢れるスカル。今もKAWSのメインキャラクターとされるシンボルである。ちなみにこのスカルがベースの作品のほとんどは、ディズニーから学んだ著作権に関する知識が生かされており、某世界的キャラエッセンスが多分に含まれているが、先方の権利を侵害しているとはいえない絶妙なデザインとなっている。

@kawsがシェアした投稿 -



 当初は放置されていた彼のグラフィティだが徐々に話題となり、知名度が上がるにつれ持ち去られることが多くなっていった。今でいえば、港区・日の出駅近くの防潮扉に描かれた「ネズミの絵」で話題となったバンクシーが似ているといえるだろう。アメリカ以外の国、ヨーロッパ各地や日本などで、ゲリラ的に活動している点も近い。ただ、KAWSは上流階級が好むような難しい作風ではなく、誰もが興味を持つストリートスタイルに徹しているのが持ち味だ。

◆“裏原系”ブームで日本でも知名度がアップ

 日本で知られるようになったのも’90年代末に巻き起こったポップな若者文化、俗にいう裏原系からだった。

 ’99年、裏原カルチャーを牽引した国産ブランドの1つ、バウンティハンターがKAWSとのコラボフィギュアを発表。取扱店であるカリスマ的人気を誇ったセレクトショップリアルマッド へクティクには沢山の若者が押し寄せた。ファッションジャンキーだけでなく、海外トレンドオタクトイコクターなど、幅広い層が買い求めた結果、瞬く間にソールドアウト。KAWS初の立体作品というのもあり、世界中で話題となった。

 以降、ア・ベイシング・エイプやメディコム・トイといった、多数の有名ドメスティックブランドと積極的にコラボを行う。特に後者とは東京・青山で共同プロジェクトオリジナルフェイクを立ち上げ、トイやアパレルも展開。日本ではポップアートとファッションリンクさせた第一人者として知られるように。

 そして、パリで圧倒的存在感を放っていたセレクトショップコレットでの定例展示会。全米、ヨーロッパを巡った伝説のアートイベントBeautiful Losers』参加などを経て、ワールドワイドなアーティストへ成長する。ザ・クリプス、カニエウエストなど、ヒップホップ界のビッグネームジャケットまで手がけ、特に若い世代からの支持、認知度はアート界屈指となっていた。

 2012年のメイシーズ・サンクスギヴィング・デイ・パレードでは、KAWS作品がシンボリックな巨大風船となり、アメリカの雑誌はこぞって彼に表紙のデザインを依頼。ナイキのエア・ジョーダン、大作映画の代名詞たるスターウォーズなど、鉄板コンテンツとのコラボも果たし、もはやその地位は揺るぎないものとなった。

 日本での大ブレイクの影響からか、アジア圏での人気がズバ抜けて高いKAWS。携わるアイテムは間違いなくプレミア化するだけに、リーズナブルに入手できるユニクロとのコラボが狙い目となるのは当然だろう。本人はラストと表明しているものの、まだユニクロ側は明言に至らず。今回の騒動に乗れなかった諸兄、次回に期待しても良いかも。<文/金井幸男>

【金井幸男】
編集プロダクション勤務を経て、2002年フリーランスとして独立。GETON!(学習研究社)、ストリートJACK(KK ベストセラーズ)、スマート(宝島社)、411、GOOUT、THE DAY(すべて三栄書房)など、ファッション誌を中心に活動する。また、紙媒体だけでなくOCEANSウェブDiyer(s)をはじめとするWEBマガジンも担当。その他、ペットや美容、グルメスポーツ、カルチャーといった多ジャンルに携わり、メディア問わず寄稿している。

※画像は、KAWSのインスタグラムより