6月29日(土)放送のスペシャルドラマ「もみ消して冬 2019夏 〜夏でも寒くて死にそうです〜」(夜9:00-10:54、日本テレビ系)に、声優・花澤香菜の出演が決定。「AIサユリ」という新キャラクターを演じる。

【写真を見る】“セミの王子様”役で、木にぶら下がる山田涼介

ドラマは、2018年の1月期に放送された「もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜」のスペシャル版。連続ドラマでは、山田涼介、波瑠、小澤征悦が演じるエリート3きょうだいが、家族に降りかかるトラブルを全力で解決してきた。

「AIサユリ」を演じる花澤は、アニメニセコイ」の小野寺小咲役や、「PSYCHO-PASS」の常守朱役など、人気作品の主役キャラクターを数多く演じる人気声優。各種声優ランキングで軒並み1位を獲得し、アーティストとしても2015年日本武道館で単独ライブを成功させるなど、人気・実力ともにナンバーワン声優だ。

そんな「AIサユリ」のアフレコ収録が先日、都内スタジオで行われた。収録を終えた花澤が、今回の「もみ冬」参加に関しての感想を語った。

あらすじをおさらい!

前作以降、ロスに医者として武者修業に出ていた北沢家の長兄・博文(小澤)が帰ってくる。ロスで「AIを駆使した医療技術」という新たなスキルを身につけ、「AI天才外科医」として日本に凱旋した博文は「これから人類の未来はAIが担う!もちろん北沢家の未来も!」と高らかに宣言し、北沢家に最先端の人工知能「AIケンジ」を持ち込む。

一方、父・泰蔵(中村梅雀)から、新たなむちゃぶりをされ、いつもどおり苦しんでいる主人公・秀作(山田)に、博文は「AIケンジ」の妹「AIサユリ」を授ける。「AIサユリ」はその類まれな能力で、アシスタントとして、話し相手として、次第に秀作の信頼を得ていく。いつしか、秀作は「AIサユリ」に対して、恋心にも似た感情を抱くようになってしまう。

花澤香菜コメント

ドラマの中に、声だけで出演できる機会というのもなかなかないことなので、とっても光栄です。サユリはAIなんですけど、お話の中でどんどん変化が付いていくキャラクターなので、台本をいただいて、どういうふうにやろうかとワクワクしていました。

(秀作さんの)メイドとして、業務的な受け答えは、現代のAIよりはちょっとまろやかだけど、ちゃんと機械がしゃべってますよと分かるように、少し人間味を消すようにしました。

一方で、そういうプログラミングをされているんだろうけど、聞いてる側が安心したり、好きになっちゃったりするような、人間らしさがあるところも、出すときは出さないといけないと考えてやりました。

■ 主演・山田涼介の印象は?

なんて整ったすてきなお顔なんだろう!とずっと思ってました。また、コメディーシーンでの崩れた顔も表情が豊かで、このドラマでまたあのお顔が見れるのかと思うと今からすごく楽しみです。(ザテレビジョン

6月29日(土)放送「もみ冬」に花澤香菜の出演が決定!