デビットベッカム  写真提供:GettyImages

 元イングランド代表のデビットベッカム氏がオーナーを務めるMLSインテル・マイアミがインテルアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ獲得のオファーを提出したようだ。アルゼンチンメディア『Telam』が伝えている。

 去就が不透明な状況にあるイカルディ。同選手はSNSインテル残留を希望していたが、来シーズンから指揮官を務めるアントニオ・コンテ監督が、昨季に問題を起こした同選手を快く思っていないようで、来季のプランに含まれていないとも報じられている。

 そんな中、ベッカム孫正義などが共同オーナーとして設立されたインテル・マイアミが獲得に動いたようだ。

 また同紙では、イカルディの妻で代理人のワンダ・ナラ氏はユベントス以外への移籍を拒否しているようだが、MLS移籍に浮気する可能性はあると伝えている。

 果たして、イカルディの去就はどのような結末を迎えるのだろうか。